LATEST NEWS 2019年4月11日

老化した幹細胞を回復する手法を発見 「健康長寿社会」へ道

 五十嵐正樹助教(医学部附属病院)らは、加齢による幹細胞の機能低下を改善する方法を発見した。「健康長寿社会」の実現に貢献するとされる。成果は28日付けの英科学雑誌『エイジング・セル』(電子版)に掲載された。

 

 身体の老化はがんや糖尿病などさまざまな疾患を引き起こし得る。老化には、組織を作るもととなる幹細胞の機能低下が関係することが知られていたが、幹細胞の機能が低下する原因は十分に分かっていなかった。

 

 五十嵐助教らはマサチューセッツ工科大学との共同研究で、若齢マウスと老齢マウスの腸管上皮組織の標本で幹細胞を観察した。老齢マウスでは幹細胞の増殖能力が低下し、寿命を延ばすとされる遺伝子SIRT1の活性も低下していることが分かった。さらに、研究チームはSIRT1を活性化する化合物のもととなるニコチンアミドリボシド(NR)を老齢マウスに投与。結果、幹細胞の増殖能力や修復能力が改善した。

 

 NRは食品成分やサプリメントとして摂取可能。NRの摂取により幹細胞の機能低下を回復する手法は、身体の老化を改善するための有効な方法として実用化が期待される。

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

NEWS 2014年07月23日

学術論文に軽減税率を 国立大学図書館協会が要請

NEWS 2017年06月15日

東大・川原圭博准教授ら、薄く柔軟なモーター開発 ソフトロボットへの応用へ

NEWS 2017年05月12日

情報理工石川教授ら、NEXCOと共同研究 高速道路走行中にひび検出 道路点検効率化へ

INTERVIEW / PROFESSOR 2019年07月04日

【東大教員と考える日本の問題】日本経済の未来 鍵は家計に

NEWS 2015年10月06日

ノーベル物理学賞に東大、梶田隆章教授

TOPに戻る