LATEST NEWS 2017年5月21日

東大・五月祭で高橋まつりさんの母親と弁護士が講演 東大新聞主催シンポジウム

 東京大学新聞社は五月祭2日目の5月21日、「新しい働き方」を考えるシンポジウムを開催した。広告代理店「電通」の新入社員だった女性が過労死した問題について、自殺した高橋まつりさんの遺族代理人である川人博弁護士と高橋まつりさんの母親である高橋幸美さんが講演。複数人の有識者を招いてのパネルディスカッションも実施された。

 

講演する川人弁護士(左)と高橋幸美さん(撮影・児玉祐基)

 

 第1部の講演会では川人弁護士と高橋幸美さんが登壇。川人弁護士が高橋まつりさんの事件の実情などを説明し、高橋幸美さんは「皆が幸せに働いていける社会にしてほしい」と約200人の来場者に訴えた。

 

 第2部では川人弁護士に加え、新卒で電通に入社し多様な経歴を持つ芦名佑介さん、サイボウズ執行役員事業支援本部長の中根弓佳さん、東大卒で『脱社畜ブログ』管理人の日野瑛太郎さんの4人でパネルディスカッションを実施。「2018年新卒として就活をするなら、どういう基準で何を選ぶか」「今後就活する学生が働き方を変えるためにできることは」といった話題に沿って多様な意見が展開された。

 

【関連記事】

高橋まつりさんの死は人ごとか 東大OGの過労死を巡って

「新しい働き方」を考える 電通過労死事件の関係者らを招き五月祭シンポジウムを開催

過労死をなくすため、再考するべき5つの論点…東大五月祭シンポジウムレポート

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

NEWS 2016年06月01日

脳科学者・茂木氏や現役東大生ら総勢15人が講演 安田講堂でTEDxUTokyoを開催

INTERVIEW / OBOG 2014年09月19日

「カジュアルに起業した」東大発ベンチャー・モルフォの画像処理技術

SPORTS 2016年04月11日

硬式野球部、9安打放つも11残塁 8失点で2試合連続の完封負け

INTERVIEW / OBOG 2016年05月17日

選んだ選択肢の中で最大に楽しめ DeNA執行役員小林賢治さん後編

NEWS 2015年10月06日

ノーベル物理学賞に東大、梶田隆章教授

TOPに戻る