EVENT 2017年3月6日

東大生オリジナル脚本の公演を11~14日に開催 学生劇団「ささくれ(劇)」

 

 学生劇団「ささくれ(劇)」は3月11~14日、第2回本公演を駒場Ⅰキャンパスで開催する。昨年10~12月の3カ月連続旗揚げ公演に続く第2回公演では、劇団を立ち上げた瀧川陸さん(農・3年)が自ら書いたオリジナル脚本『光、または、のようなもの』を上演する。予約不要、入場無料・カンパ制。会場は駒場Ⅰキャンパス学生会館の211・213。二部屋で並行して上演され、来場者は最初にどちらの部屋を見るかを選ぶことができる。

 

 以下はささくれ(劇)による公演の紹介。

 

マンションの二部屋のはなし。つまらない漫画家の男とぼーっとした彼女。アイドルになりたかった妹とちょっと変わった兄。

 

男:たとえばね、ここに倒れてたとするでしょ、ここに、人が。

女:え、何、何。

男:助ける?

 

【開催概要】

ささくれ(劇)第二回本公演『光、または、のようなもの』

日時:3月11日(土)~14日(火)18:30~(開場は18:10)、全4公演

場所:東京大学駒場Ⅰキャンパス学生会館211・213(2カ所同時上演)

チケット:予約不要。入場無料、カンパ制

作・演出:瀧川陸

出演:尉林暉、太田雄介、白澤麻里奈、原田美緒

問い合わせ:give.me.sasa@gmail.com

ウェブサイト:http://givemesasa.tumblr.com/second

公式ツイッター:https://twitter.com/give_me_sasa

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

COLUMN 2018年09月25日

新しい「オフライン就活」の場 知るカフェ東京大学前店

COLUMN 2017年02月25日

【東大受験生応援連載】16年度ミス・ミスター東大から受験生へ送る応援メッセージ

NEWS 2017年07月11日

進学選択志望集計 経、60人以上の大幅増 文Ⅰ→法は減少に歯止め

INTERVIEW / OBOG 2016年04月19日

16年度東大入試で著書からの出題 内田樹さん「身体的感覚を大事に」

COLUMN 2017年03月03日

【東大受験生応援連載】第二外国語を決めよう!履修者から見たロシア語の姿

TOPに戻る