キャンパスライフ

2021年6月12日

【キャンパスのひと】トライアスロンから教職へ 内田健太さん(養・4年)

「アイアンマン70.3セントレア知多半島ジャパン」にて、レース後(写真は内田さん提供)

 

 トライアスロンの世界大会出場権を持つ。「過酷さ故に完走時の達成感は大きく、沿道の仲間からの声援が大きな原動力になります」

 

 生まれつき筋肉質で運動好きだが、協調性が求められる団体競技は苦手。けれど、周りの目がないと練習に集中できない。そんな本人いわく「難しい」性格にトライアスロンはピッタリだ。大学2年の時に友達に誘われて始め、気付けば週9回練習するほど打ち込むようになった。スイム、バイクで先頭集団につき、他の選手が疲れた後のランで追い抜くのが醍醐味(だいごみ)だ。

 

 将来の夢は、学校の教師。授業の責任やスキルは一人で背負うが、それらは周りの目線に刺激されて磨かれる。これも「難しい」性格と相性が良い。マルチタスクをする能力や、部員が夢中になれるようなメニューを作成した経験は教職にも生きる。計画性があり、生徒の熱意を引き出すたくましい教師になること、間違いなしだ。

タグから記事を検索


東京大学新聞社からのお知らせ


recruit




TOPに戻る