LATEST NEWS 2020年3月4日

東大、学位記授与式と卒業式は規模を大幅に縮小して開催へ 新型コロナウイルス感染拡大を懸念

 東大は3月4日、2019年度学位記授与式(3月23日)と2019年度卒業式(同24日)について、規模を大幅に縮小の上実施すると発表した。新型コロナウイルスの感染拡大を懸念し、大勢の出席者が集まることによる感染拡大を防ぐため。両式典は、本郷キャンパス大講堂(安田講堂)で開催される。

 

 東大の発表によると、学位記授与式、卒業式に出席する学生は各学部、研究科の代表者のみ。加えて、御殿下記念館ジムナジウムで実施予定だった保護者向けの中継は中止となり、保護者には当日の来校を控えるよう呼びかけている。式典の模様はインターネット上で配信される予定で、詳細は東大のウェブサイトで公開するとしている。

 

 卒業式に参加予定だった学生(文・4年)は卒業式に参加できなくなったのは残念だが、昨今の情勢を考えると仕方ないと思う。コロナの流行と自粛ムードが早く収まってほしい。」とコメント。悲しさをにじませながらも、東大の措置に一定の理解を示した。

 

 東大は新型コロナウイルスへの対策について「原則として国における対応に準じて対応中」と表明。2月21日には2020年度一般入試(前期日程)と外国学校卒業学生特別選考の合格者発表について、毎年恒例だった本郷キャンパスでの合格者番号の掲示を中止すると発表していた。3月4日までに横浜国立大学、早稲田大学、慶應義塾大学など、首都圏の大学の一部が学位記授与式や卒業式の中止を発表していた。

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

COLUMN 2014年09月17日

本郷歩けば●●に当たる。なぜ本郷にはカレー屋が多いのか?

COLUMN 2019年05月15日

【五月祭おすすめ企画③】最先端の研究を分かりやすく解説

NEWS 2016年10月30日

若手研究者を支援する「卓越研究員」制度を開始 選出20人を公表

COLUMN 2019年05月24日

サーギル博士と歩く東大キャンパス① 本郷キャンパス赤門

INTERVIEW / PROFESSOR 2019年11月15日

「みんなの首里城をもう一度」首里城デジタル復元プロジェクト発起人の思いに触れる

TOPに戻る