LATEST NEWS 2020年7月15日

工学系研究科 次世代素材研究へ連携講座設置

 東大工学系研究科と一般財団法人ファインセラミックスセンター、株式会社ワールドラボおよび東ソー株式会社は「次世代ジルコニア創出社会連携講座」を1日に設置した。次世代ジルコニア創出社会連携講座はジルコニアセラミックスの特性向上とその技術分野を支える人材育成を目的としたもの。設置期間は2025年6月30日までの5年間で、費用は7億1800万円。

 

 ジルコニアセラミックスは各種構造部材や歯科材料など、さまざまな分野で実用化されているが、その機能発現のメカニズムは不明な点が多い。そのため材料特性を決める因子を解明し、原子レベルから組織を制御できれば飛躍的な機能向上が見込める。

 

 次世代ジルコニア創出社会連携講座では最先端の電子顕微鏡・計算材料科学・焼結技術を駆使してジルコニアの本質を理解し、機能を極限にまで高める研究を行う。具体的には①ジルコニアの持つ強くてしなやかな力学特性②柔軟な加工性③固体でありながら酸素イオンを通すイオン伝導性④高い屈折率から生まれる高透光性  の四つの特性を追求する。同時に、高度な材料開発研究を推進できる人材の育成・輩出により技術開発を加速していく予定。


この記事は2020年7月14日号から転載したものです。本紙では他にもオリジナルの記事を掲載しています。

ニュース:過度な心配は無用? コロナ禍の就活の実態
ニュース:新型コロナ 活動制限が緩和へ 「当面変更なし」から一転
ニュース:ラクロス・アメフト リーグ戦秋以降に開幕目指す
ニュース:建築研究の寄付講座始動 積水ハウスと合意
ニュース:工学系研究科 次世代素材研究へ連携講座設置
企画:先輩に続け 就活体験記
企画:2019年度 学部・大学院 就職先一覧
企画:就活の一歩先へ 終身雇用にとらわれない生き方
キャンパスのひと 中村陽太さん(文Ⅲ・2年)

※新聞の購読については、こちらのページへどうぞ。

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

NEWS 2020年05月09日

東大病院など、肺炎を持つ新型コロナウイルス感染症患者を対象に特定臨床研究開始  

COLUMN 2019年11月01日

【東大教員と考える日本の問題②】日本社会と外国人「違い」前提に移民と共存

NEWS 2020年06月18日

理・物理学専攻 大手化学メーカーと包括連携 給付型研究奨学金も創設

NEWS 2019年11月26日

東大基金への寄付が外部サイトから可能に 外部連携第1弾の寄付募集開始 

COLUMN 2020年07月14日

自らの研究を発信、相対化 大学院での語学活用

TOPに戻る