ニュース

2021年4月24日

サークルオリエンテーションの中止が決定、昨年度入学者向け式典は開催へ 緊急事態宣言発出受け

 4月24日、東大教養学部オリエンテーション委員会(オリ委員会)は5月2〜5日に開催予定だったサークルオリエンテーションを中止とすることを発表した。25日から東京都を含む4都府県で緊急事態宣言が発出されることを受けたもの。一方、昨年度の入学者を対象とした4月29日、5月1日の「令和2年度東京大学入学者歓迎式典」は参加者にPCR検査キットを配布するなどの対応を取り、予定通り実施するとしている。

 

 サークルオリエンテーションの中止について、新歓行事の企画・指導・調整を行うオリ委員会は「緊急事態宣⾔下において原則無観客でのイベント開催が要請された中で、新⼊⽣や団体構成員の皆様をはじめとする多数の学⽣が参加するサークルオリエンテーションを実施することは難しいという決定に⾄りました」と説明。予定通り実施する入学者歓迎式典に比べ学生の滞在時間が長く、また参加者や団体構成員とのやりとりが中心となることなどを判断の理由に挙げた。

 

 一方入学者歓迎式典について東大は、参加者に送付した参加回などを通知するメールの中で、感染防止のための注意点を示した。式典は感染症対策として全席指定制で実施される他、無症状の感染者が参加する可能性を考慮し、参加者には帰宅後に実施するための唾液PCR検査キットが配布される。

 

 サークルなどの学生団体がブースを構えて新入生に対し勧誘活動などを行うサークルオリエンテーションは、例年新入生の学部ガイダンスに合わせて3月末から4月初頭に実施されている。本年度は学部ガイダンスに合わせた開催は中止され、5月2〜5日の対面実施を決めていた。入学者歓迎式典は4月16日に、本郷キャンパスの東京大学大講堂(安田講堂)で実施することが公表されていた。

 

【関連記事】

21年度新歓「テント列」など2年連続中止 学生からは対面新歓実施を求める声も

TOPに戻る