LATEST NEWS 2020年5月11日

新総長選考開始が公示 経営能力重視が明確に

 東大は4月28日、本年度で任期満了となる五神真総長に代わる総長選考の開始を公示した。候補者推薦などを踏まえ10月2日の総長選考会議による合議で第31代総長の就任予定者が決定される(表)。発表された選考基準には、総長の「経営者」としての性格を重視する姿勢が見られた。 

 

 

 総長選考会議議長の小宮山宏第28代総長は28日に談話を発表。昨年の国立大学法人法改正など、大学に対する社会的要請の変化を踏まえて「求められる総長像」を改訂したことを発表した。前回選考時は「大学の存立基盤を強化」「社会の各界から幅広い理解・協力を得ていく調整力と実行力」となっていたものが「大学の財務基盤を強化」「社会の各界から幅広い理解・協力を得て、大学を経営していく能力」に変更されるなどしている。加えて、透明性・公平性を高めるために選考過程を見直す。

 

 総長候補者は教授会の構成員らから成る代議員会による投票と、学内外の委員から成る経営協議会による推薦で12人程度選ばれる。その後、面接などの調査を実施し、9月8日に第2次候補者を告示。教授、准教授、一部の講師ら教授会構成員のみによる投票の結果も踏まえて決められた総長予定者が、文部科学大臣から任命される形で就任する。新総長の任期は2021年度からの6年間で、原則として再任は不可。


この記事は2020年5月12日号から転載したものです。本紙では他にもオリジナルの記事を掲載しています。

ニュース:「こういう時こそ学生と協力を」 教員・学生に聞くオンライン化
ニュース:新総長選考開始が公示 経営能力重視が明確に
ニュース:「やり抜く力」の予測法を開発
ニュース:西村大臣の視察に伴う東大側の感染者は0人
ニュース:大学インパクトランキング 東大は国内2位 SDGs達成は道半ば
ニュース:アルツハイマー病発症 初期に関わる分子同定
ニュース:医・川上教授と理・山内教授に 20年春の紫綬褒章
ニュース:東大さつき会 女子学生に給付型奨学金
企画:トイレットペーパーなぜ消えた? 新型コロナウイルス感染拡大での集合心理を分析
企画:新歓の新たな可能性 新型コロナウイルスとサークル新歓
東大新聞オンラインPICK UP:映画編
著者に聞く:『現実を解きほぐすための哲学』小手川正二郎准教授(國學院大學)
東大CINEMA:『コンテイジョン』
キャンパスのひと:大塚遥輝さん(文Ⅰ・2年)

※新型コロナウイルス感染拡大防止対策のため、STORES.jpのオンラインストアを休止しております。申し訳ございません。
定期購読の方、お試し購読されている方には登録されたご住所に届けられますが、物流の混乱で遅れが発生する場合がございます。
あらかじめご了承ください。

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

COLUMN 2020年02月15日

【受験生応援2020】東大2次試験会場の注意点 〜文系編〜

NEWS 2016年10月05日

秋季入学式を挙行 留学生558人が学部・院へ

NEWS 2019年12月04日

東芝研究開発センター・水島公一さんに東京大学総長特別表彰

NEWS 2014年04月16日

3158人の新東大生 ~ 総長「新世界に己を投げ込め」

NEWS 2017年04月04日

卒業式・学位記授与式 五神総長「多様性を尊重し豊かな社会づくりを」

TOPに戻る