ニュース

2020年4月3日

2021年度推薦入試 1校当たりの推薦可能人数拡大へ

 東大は3月10日、2021年度以降の推薦入試で推薦可能な人数を一つの学校当たり合計4人、男女各3人以内に拡大すると発表した。ただし、同一学部への推薦は男女各1人以内とした。

 推薦可能枠拡大の理由については、受験希望者数などに配慮しつつ、受験生の多様性を高めるためとしている。現行の制度では、一つの学校当たり合計2人、男女各1人まで推薦可能だった。東大はかねてより、推薦入試の制度変更について継続的に検討しており、1期生が学部を卒業した5年目に改善案を打ち出すとしていた。

TOPに戻る