EVENT 2017年3月6日

東大生オリジナル脚本の公演を11~14日に開催 学生劇団「ささくれ(劇)」

 

 学生劇団「ささくれ(劇)」は3月11~14日、第2回本公演を駒場Ⅰキャンパスで開催する。昨年10~12月の3カ月連続旗揚げ公演に続く第2回公演では、劇団を立ち上げた瀧川陸さん(農・3年)が自ら書いたオリジナル脚本『光、または、のようなもの』を上演する。予約不要、入場無料・カンパ制。会場は駒場Ⅰキャンパス学生会館の211・213。二部屋で並行して上演され、来場者は最初にどちらの部屋を見るかを選ぶことができる。

 

 以下はささくれ(劇)による公演の紹介。

 

マンションの二部屋のはなし。つまらない漫画家の男とぼーっとした彼女。アイドルになりたかった妹とちょっと変わった兄。

 

男:たとえばね、ここに倒れてたとするでしょ、ここに、人が。

女:え、何、何。

男:助ける?

 

【開催概要】

ささくれ(劇)第二回本公演『光、または、のようなもの』

日時:3月11日(土)~14日(火)18:30~(開場は18:10)、全4公演

場所:東京大学駒場Ⅰキャンパス学生会館211・213(2カ所同時上演)

チケット:予約不要。入場無料、カンパ制

作・演出:瀧川陸

出演:尉林暉、太田雄介、白澤麻里奈、原田美緒

問い合わせ:give.me.sasa@gmail.com

ウェブサイト:http://givemesasa.tumblr.com/second

公式ツイッター:https://twitter.com/give_me_sasa

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

NEWS 2020年04月07日

2019年度総長賞 ピアニスト・角野さんと経・河野さんが大賞に

NEWS 2017年04月04日

卒業式・学位記授与式 五神総長「多様性を尊重し豊かな社会づくりを」

COLUMN 2016年04月14日

サークル紹介:東大料理愛好会 おなかも心も大満足

COLUMN 2019年02月27日

【ハーバードクリムゾン翻訳企画③】学期初日のハーバード生の素顔

INTERVIEW / FEATURE 2016年05月18日

人はどのように選ばれる?…行動心理学アイエンガー教授から就活生へのアドバイス

TOPに戻る