LATEST NEWS 2014年4月30日

100人以上が説明会に 体験活動プログラム 既に募集中

東京大学新聞アイコン.jpg国内外や研究室での多様な体験の機会を学部生に提供する体験活動プログラムの参加説明会が16日に駒場㈵キャンパス、17日に本郷キャンパスで行われた。16日は100人以上が聴講するなど、体験活動プログラムに対する関心の高さが見られた。
参加説明会では2014年度体験活動プログラムの詳細が語られた。25日現在、2014年度の募集は国内実施のプログラムが52個、海外実施のプログラムが21個、研究室体験活動プログラムが33個と発表。東大から最大7万円の奨励金が出るプログラムもある。
体験活動プログラムの活動報告も行われた。EUJO–LIMMS(欧州国際共同研究ラボ)や、生産技術研究所での活動についての発表があった。
体験活動プログラムは「よりタフに、よりグローバルに」を目標に、2012年度に開始。応募の際は参加申請書を記入し、本部学生支援課体験活動支援チームまでメールする。22日から参加申請が始まっており、海外実施のプログラムは5月22日、ほとんどの国内実施のプログラムと研究室体験活動プログラムは6月26日の各日正午が締め切り。研究室体験活動プログラムは複数応募できるが、国内・海外実施のプログラムへの応募は計一つまで。不採用の場合は別のプログラムに応募可能。詳細は体験活動プログラムのウェブページ(http://www.u-tokyo.ac.jp/stu01/h19_j.html)で確認できる。

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

TOPに戻る