COLUMN 2019年10月26日

Campus Guy 能森恵佑(のうもり・けいすけ)さん(文Ⅰ・1年)

語学堪能なチェリスト

 

 

 「楽しくて楽しくて仕方がない」というチェロを始めたのは高校生になってから。練習は時には大変なこともあるが、充実している。「練習すればするほど少しずつ上達できるところに魅力を感じます」とほほ笑む。

 

 また語学好きの一面も持つ。TLPクラスで学ぶ中国語に加え、アラビア語の習得にも励んでいる。言語を好きになったきっかけは『Let It Go』の25カ国語版の動画を見たこと。「一つの曲が世界中で何十もの言語で歌われていることにロマンを感じました」。一見ただの記号の羅列にすぎないものが、意味を持って立ち現れてくる瞬間に「暗号を解読できたときのような達成感を感じます」。

 

 写真撮影では実際にチェロを弾いてもらうことに。すると弓を持った瞬間、穏やかな表情が一変して真剣なまなざしに。そのギャップに記者は心打たれました。


この記事は2019年10月15日号から転載したものです。本紙では他にもオリジナルの記事を公開しています。

ニュース:芸術に大学の知性を 芸術創造連携研究機構 世界水準の芸術教育へ
ニュース:堅守で強敵振り切る ラクロス慶大戦 関東優勝に王手
ニュース:硬式野球早大戦 1回戦は一時同点 投手陣奮闘も連敗
ニュース:10倍の高効率で冷却 半導体デバイス 高密度高速化に対応
ニュース:結晶構造の関連解明 ゼオライト合成条件 機械学習を活用
ニュース:遺伝的変異が身長に影響
企画:国民の関心維持が課題 裁判員制度開始から10年
企画:悩んだらまず相談に 東大生の悩みに向き合う現場に迫る
世界というキャンパスで:分部麻里(文・4年)④
100行で名著:『もの食う人びと』辺見庸著
東大CINEMA:『ジョーカー』
キャンパスガガイ:能森恵佑さん(文Ⅰ・1年)

※新聞の購読については、こちらのページへどうぞ。

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

COLUMN 2019年02月27日

【ハーバードクリムゾン翻訳企画③】学期初日のハーバード生の素顔

COLUMN 2018年03月06日

【受験生応援2018】現役東大生が語るイタリア語学習

INTERVIEW / PROFESSOR 2014年05月12日

薬師寺克行教授 「奥行きは、自分で作るもの」

COLUMN 2019年10月11日

キャンパスガイ 逆井遥暉(さかさい・はるき)さん(文Ⅰ・1年)

NEWS 2017年12月22日

「最後まで自分らしく」 ミス日本ファイナリストに理Ⅱ・1年の岡部七子さん

TOPに戻る