SPORTS 2014年12月9日

東大アメフト、1部リーグ残留をかけ入れ替え戦へ

アメリカンフットボール部(関東学生1部リーグ)は11月29日、秋季リーグ戦最終節を専修大学とアミノバイタルフィールドで戦い、7―14で敗北した。東大は序盤に先制するも後半にミスで失点を重ね、敗戦で今季最終節を終えた。東大は14日、2部リーグとの入れ替え戦に出場する。

東  大 |7000| 7

専修大 |0077|14

アメフト1.JPG

パスを受けた後、30ヤードのランを決めてそのままエンドゾーンへ駆け抜ける菅原選手(撮影・藤田和志)

 

午前中の降雨で人工芝が滑る悪条件の中、専修大のキックオフで試合が始まった。第1クオーター開始直後、東大はラン主体で中央付近まで前進する。ここで大槻新選手(理・3年)はパスを選択。受け取った菅原峻選手(医・4年)がそのまま30ヤードを走ってタッチダウンを決め、幸先良く先制した。

守備陣が相手の攻撃を食い止め、流れに乗るかと思われた東大だが、第2クオーター最初の攻撃で反則による後退を強いられる。攻撃権を渡すと、お互い攻め手を欠き追加点なく前半を終えた。

後半開始早々、今度は専修大の選手が58ヤードのランでタッチダウンを決める。同点となり迎えた第4クオーター、東大はタッチダウンまで19ヤードと迫る。しかし強烈なタックルでボールをこぼすと、拾った専修大の選手にリターンタッチダウンを許してしまう。逆転された東大は最後の攻撃に全てを託すが、パスが通らない。攻撃権を失い、そのまま試合終了となった。

アメフト2.png

 

開幕前、1部下位リーグ「BIG8」全勝での上位リーグ「TOP8」昇格を目標にしていた東大。今季は3勝4敗の6位に終わり、2部リーグ2位の関東学院大学との入れ替え戦が決定した。試合後、神田淳希主将(文Ⅰ・2年)は「チーム一丸となって絶対に残留を決める」と宣言した。

この記事は、2014年12月9日号からの転載です。本紙では、他にもオリジナルの記事を掲載しています。

2701_12_9pop.jpg

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

SPORTS 2016年05月16日

アメフト部 2部所属の東工大にまさかの苦杯

SPORTS 2015年07月01日

東大アメフト 京大に10年ぶり白星 終了間際に逆転

SPORTS 2017年06月13日

東大アメフト部 今季初TDも39失点で大敗 オープン戦ここまで4戦勝ち星なし

SPORTS 2015年07月11日

東大アメフト 防衛大に白星でオープン戦閉幕

INTERVIEW / FEATURE 2016年06月01日

アメフト部、52年ぶり京大戦2連勝の要因とは 竹之下監督インタビュー

TOPに戻る