SPORTS 2015年9月21日

東大硬式野球 終盤に粘り切れず、開幕カード連敗

硬式野球部(東京六大学野球)は12、13日に秋季リーグ開幕戦を早稲田大学と対戦。拙攻が目立ち、開幕カードを落とした。

 

●1回戦(12日)

東大|000000110|2

早大|00000031X|4

 

投手陣が六回まで早大を無安打に抑え、打線は初回から得点圏に走者を進めるなど序盤は東大が主導権を握る。七回、死球と犠打で2死一、二塁の好機を作ると、失策で先制。死球で満塁とするも追加点は奪えず。その裏、バント処理時の悪送球の間に追い付かれ、本塁打を浴びて逆転された。東大は八回に無死一、二塁、九回に2死満塁とするも追い付けなかった。

 

  • 2回戦(13日)

早大|200000011|4

東大|000020000|2

2回戦で3回を無失点に抑え、本塁打も放った白砂投手
2回戦で3回を無失点に抑え、本塁打も放った白砂投手

東大は初回、先頭に三塁打を浴びて2点を失うが、その後は失点を許さない。五回から登板した白砂謙介投手(育・4年)は自らの本塁打で追い付き、七回まで投げて無失点に抑える。終盤、東大は外野守備の乱れで失点を重ねる。打線は七、八、九回いずれも2死一、二塁の好機を作ったが得点できなかった。

 

(文・写真 古川夏輝)

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

SPORTS 2018年11月05日

【部員が見る東大軟式野球2018秋⑧】1ー3で明大に惜敗 東日本大会は絶たれる

INTERVIEW / FEATURE 2014年04月17日

【20年前の東大、今の東大】大学時代をいかに生きるか――三田誠広さんに聞く1

COLUMN 2018年01月02日

【N高生のリアル⑩】生徒の人生にホームを作る N高サッカー部が目指しているもの

NEWS 2016年04月06日

大賞は自転車日本一と薬学系学術成果―15年度「東京大学総長賞」授与式

COLUMN 2019年03月01日

19歳が見た中国⑥ 大学生、世代差、対日観、党

TOPに戻る