SPORTS 2016年10月10日

硬式野球 三木投手が好投も打線振るわず完封負け 勝ち点取れず次節が最終節

三木投手は3連投ながら七回2失点の好投を見せた(撮影・関根隆朗)
三木投手は3連投ながら七回2失点の好投を見せた(撮影・関根隆朗)

 

 硬式野球部(東京六大学野球)は10月10日、立教大学との3回戦を戦い、0―6で敗れた。東大の先発・三木豪投手(農・4年)が七回2失点の好投を見せるも、このカードで2試合連続2桁安打を放っていた打線が散発3安打で完封された。勝ち点の懸かった試合を落とした東大は、10月22、23日に法政大学との最終節を迎える。

 

東大|000000000|0

立大|00001104X|6

 

 東大の先発は3連投となった三木投手。初回にいきなり無死二塁のピンチを招くも、後続を断ち無失点に抑える。東大もその裏、3連投となった相手右腕・田村伊知郎投手(4年)に対して1死から走者を出したものの後続が続かず無得点に終わる。その後は共に3連投の4年生投手同士が好投を続け、投手戦の様相を呈する。

 

 試合が動いたのは五回裏。三木投手は先頭打者に二塁打を浴びると、1死二塁から田村投手に右中間を破る適時三塁打を打たれて失点。続く1死三塁のピンチは切り抜けこの回を最少失点でしのいだが、六回にも先頭打者に二塁打を浴びて犠飛で追加点を失う。それでも三木投手は七回まで四死球0、被安打5の2失点と好投し、打線の反撃を待つ。

 

八回に投手陣が4失点を喫し、力尽きた(撮影・関根隆朗)
八回に投手陣が4失点を喫し、力尽きた(撮影・関根隆朗)

 

 しかしこの日は田村投手の打たせて取る投球がさえた。打線は三回から七回まで無安打に抑えられ、2試合で8安打の爆発的な当たりを見せていた下雅意拓哉選手(農・4年)も出塁できない。すると八回、代わった投手陣が打者一巡の猛攻で一挙4点を奪われて勝負あり。下雅意選手から始まった九回も三者凡退に終わり、田村投手に3安打完封負けを喫した。

 

(文・竹内暉英)

 

七回2失点の好投を見せた三木投手の話

「0点で抑えられなかったのが悔しい。打線が今日はあまり調子が良くなかったので、2点は大きかった。球威がない分、少しでも緩急を付けたりと工夫した結果、ロースコアに抑えられたと思う。投手陣はリーグ戦を通じて成長しているので、積み重ねてきたものを試合で出して法大戦でも抑えたい」

 

 【関連記事】

「勝ち点に向け鍵は投手」 硬式野球・浜田監督 リーグ開幕前インタビュー

硬式野球部 田口選手が本塁打も明大に18安打9失点で開幕戦黒星

硬式野球部、明大に連敗 1年生・小林投手162球の力投実らず八回に逆転許す

硬式野球部 慶大・加藤投手にノーヒットノーラン喫し0-8で大敗

硬式野球部 今季最多6得点も九回に4失点し逆転負け

硬式野球、2点先制も四死球・失策で自滅 早大との初戦を落とす

硬式野球、開幕6連敗 初登板1年生左腕が初回に3失点

硬式野球、延長制し今季初勝利 十回に桐生選手が勝ち越し打

硬式野球 3点差追い付くも終盤に失点し敗北 14年ぶり勝ち点かけ明日3回戦

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

SPORTS 2015年09月18日

東大軟式野球 法大に逆転許し開幕2連敗

NEWS 2018年11月08日

プロゴルファー・横峯さくら選手も参画 スポーツ先端科学研究拠点が新プロジェクト

COLUMN 2017年12月18日

硬式野球部はなぜ勝ち点を取れたのか? 監督・選手の話で振り返る秋季リーグ戦

SPORTS 2015年10月14日

東大アメフト 開幕3連勝逃す 中盤の失点響く

COLUMN 2016年08月02日

【東大ボクシング部寄稿】リオ五輪「ボクシング」の見どころ

TOPに戻る