SPORTS 2018年5月6日

硬式野球 0-1でサヨナラ負け 小林投手が好投見せるも早大に惜敗

 硬式野球部(東京六大学野球)は5月5日、早稲田大学との1回戦を戦い、0-1で敗れた。先発の小林大雅投手(経・3年)が八回まで無失点に抑える好投を見せたが、最終回にサヨナラ打を許した。打線は五~八回の各回で得点圏に走者を進め得点の好機を演出したものの、あと一本が出なかった。東大は6日午前10時半から早大との2回戦に臨む。

 

サヨナラ打を許し、マウンドに膝から崩れ落ちた小林投手(撮影・石井達也)

 

東大|000000000|0

早大|000000001X|1

 

 東大の先発・小林投手は、前カードの明治大学戦2回戦で終盤に崩れたものの、六回までを1失点に抑える好投を見せていた。この試合も変化球の制球がさえ、早大打線にホームベースを踏ませない。三回には連続安打から2死二三塁の場面を迎えるも、続く打者を右飛に打ち取ってピンチを切り抜ける。

 

小林投手は得点圏に走者を置きながらも、八回までを無失点で持ちこたえる(撮影・石井達也)

 

 好投を続ける小林投手を援護したい打線は五回、先頭の岡俊希選手(文Ⅰ・2年)の中前打と犠打で1死二塁とすると、土井芳徳選手(理Ⅱ・2年)の二塁への深いゴロが内野安打に。ここから三振と四球で2死満塁となり、打席には小林選手が立つ。しかし遊ゴロに倒れ、自身を援護することはできない。

 

 七回は、2死から新堀千隼選手(理Ⅱ・2年)が中前にうまく返すと、続く堤裕太郎選手(理・3年)の右前打で一三塁となり、打席には再び小林選手。しかし三飛に倒れ、無得点のまま攻撃を終える。八回にも三鍋秀悟選手(工・4年)が中越えの三塁打を放ち2死三塁と好機をつくるが、続く岡選手が捕飛に倒れ、この回も得点できない。九回の攻撃では、交代した相手投手に3連続三振を喫する。

 

八回に中越え三塁打を放った三鍋選手。六回にも右越え二塁打を放つ好調ぶりを見せた(撮影・石井達也)

 

 リーグ戦の規定でこの試合は延長戦が行われないため、何とか引き分けに持ち込みたい東大。しかし小林投手は先頭打者に四球で出塁を許すと、犠打と単打、四球で1死満塁のピンチを迎える。代打で登場した相手打者への4球目・104キロのカーブをはじき返されると、これが二遊間を抜けるサヨナラ打となった。打線が幾度も得点の好機をつくっていただけに、悔やまれる敗戦となった。

 

(石井達也)

 

◇小林投手の話

 好投を続けられているのは、変化球でしっかりストライクを取れているから。ただ、途中までどうだったかということは関係なく、結果としては負けてしまったので、とにかく悔しい。投球でも打撃でも修正すべき点が多くある。次戦以降も、目の前の1イニングに全力で向き合っていきたい。

 

【関連記事】

硬式野球 早大に健闘も3-5で敗戦 ここ一番で勝負強さを欠く

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

SPORTS 2016年08月27日

【七大戦】水球2日目、決勝で九大破り東大が2連覇

SPORTS 2015年11月28日

東大アメフト 最終戦に完勝し、4位で今季終了

SPORTS 2016年04月18日

【部員が見る軟式野球②】明治の勢い止められず、今季初黒星

NEWS 2017年09月14日

自主制作とは思えないクオリティ 学生映画の頂上決戦、東京学生映画祭が開催

COLUMN 2016年10月08日

【2016年9月アクセスランキング】1位は進学選択 七大戦、秋のスポーツにも注目

TOPに戻る