SPORTS 2016年5月7日

硬式野球部 宮台選手が投打で活躍、自身初の完封勝利で07年以来の立教撃破

宮台投手が投打で活躍しチームを勝利に導いた(撮影・関根隆朗)
宮台投手が投打で活躍しチームを勝利に導いた(撮影・関根隆朗)

 

 硬式野球部(東京六大学野球)は5月7日、立教大学との1回戦を戦い、宮台康平投手(法・3年)が相手打線を完封して4―0で勝利した。

東大|000100300|4

立教|000000000|0

 

 東大は四回に先制し、七回に宮台投手の適時打などで追加点を奪うと、宮台投手が相手打線に最後まで得点を許さなかった。宮台投手は相手打線を5安打に抑え、自身初の完封勝利。

 東大は今季、明治大学に勝利しており、シーズン2勝目は2008年秋以来。立大戦の勝利は07年以来となった。

 東大は明日8日11時から、02年秋以来となる勝ち点を目指して立大との2回戦を戦う。

 

(文・竹内暉英)

 

翌日の試合はこちら

→ 硬式野球部、立大に東大で完敗 勝ち点は明日の試合で

 

この試合の詳報はこちら

→ 【詳報】硬式野球部、08年秋以来のシーズン2勝目 宮台選手が投打で活躍

 

今季の過去の試合はこちら

→ 硬式野球部 宮台投手が毎回の13奪三振もサヨナラ負け

→ 硬式野球部、9安打放つも11残塁 8失点で2試合連続の完封負け

→ 硬式野球部 宮台投手の好投実らず、またもサヨナラ負け

→ 硬式野球部 山田選手のサヨナラ打で今季初勝利

→ 硬式野球部 山田選手が本塁打放つも、投壊で勝ち点ならず

→ 硬式野球部 宮台投手が打ち込まれ慶大に1-6で敗北

→ 硬式野球部 今季最多の4得点も、3本塁打浴び9失点で慶大に連敗

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

INTERVIEW / FEATURE 2016年06月01日

アメフト部、52年ぶり京大戦2連勝の要因とは 竹之下監督インタビュー

SPORTS 2015年01月23日

大手商社をけってJリーグへ。史上二人目の東大生Jリーガー誕生

SPORTS 2016年05月21日

硬式野球部、宮台投手の粘投で法大に勝利 12年ぶりのシーズン3勝目

COLUMN 2014年05月10日

なぜ東大水泳部主将は「先回り思考」を重視するのか。

SPORTS 2017年05月07日

【部員が見る軟式野球⑧】東大、後一本が出ず法大に敗退 リーグ優勝を逃す

TOPに戻る