SPORTS 2016年5月9日

硬式野球部 2本塁打浴び8失点、勝ち点逃す

七回表に代打の下雅意選手が適時打を放ち1点を返す(撮影・佐方奏夜子)
七回表に代打の下雅意選手が適時打を放ち1点を返す(撮影・佐方奏夜子)

 

 硬式野球部(東京六大学野球)は5月9日、立教大学との3回戦を戦い、2-8で敗れた。東大は初回に先制を許すと五回には一挙5点を失い、後半の追い上げも及ばず勝ち点の懸かった試合を落とした。次は5月21、22日に法政大学と最終節を戦う。

 

東大|000000101|2
立大|20005001X|8

 

 雨が降る中始まった試合、東大の先発は昨日の2回戦からの連投となった柴田叡宙投手(育・3年)。しかしその立ち上がり、無死一塁から本塁打であっさり2点を失う。二~四回は無安打に抑えるが、五回に2死二三塁から適時三塁打を浴び、点差は4点に。さらに四球で2死一三塁とされると、続く打者に6球目を右翼スタンドまで運ばれる。

 打線は制球良く投げ込む相手左腕の前に六回まで無安打に抑えられる。七回1死から山本克志選手(工・4年)がセンター前にはじき返し、ようやくチーム初安打。つないで2死一三塁とすると、代打の下雅意拓哉選手(農・4年)の適時打で1点を返す。さらに九回にも山本克志選手から3者連続のヒットで得点。七~九回に打線が奮起して計7安打を放つも、暴走でアウトを取られるなど2得点にとどまり反撃及ばず敗れた。

 

(文・竹内暉英)

 

今季の過去の試合はこちら

→ 硬式野球部 宮台投手が毎回の13奪三振もサヨナラ負け

→ 硬式野球部、9安打放つも11残塁 8失点で2試合連続の完封負け

→ 硬式野球部 宮台投手の好投実らず、またもサヨナラ負け

→ 硬式野球部 山田選手のサヨナラ打で今季初勝利

→ 硬式野球部 山田選手が本塁打放つも、投壊で勝ち点ならず

→ 硬式野球部 宮台投手が打ち込まれ慶大に1-6で敗北

→ 硬式野球部 今季最多の4得点も、3本塁打浴び9失点で慶大に連敗

→ 【詳報】硬式野球部、08年秋以来のシーズン2勝目 宮台選手が投打で活躍

→ 硬式野球部、立大に投打で完敗 勝ち点は明日の試合で

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

SPORTS 2016年06月20日

東大から33年ぶりの大学日本代表 硬式野球部・宮台投手「チームの戦力に」

SPORTS 2017年05月06日

【部員が見る軟式野球⑦】東大が延長の末、早大に痛いサヨナラ負け

SPORTS 2018年10月01日

ラクロス男子 一橋大を1点に抑え快勝 無敗で予選リーグ1位通過決める

NEWS 2017年10月07日

硬式野球 プロ志望・宮台投手が今季2度目の完投勝利 前半大量得点で法大を圧倒

SPORTS 2015年09月18日

東大軟式野球 法大に逆転許し開幕2連敗

TOPに戻る