SPORTS 2016年5月21日

硬式野球部、宮台投手の粘投で法大に勝利 12年ぶりのシーズン3勝目

宮台投手が粘り強い投球でチームに3勝目をもたらした(撮影・関根隆朗)
宮台投手が粘り強い投球でチームに3勝目をもたらした(撮影・関根隆朗)

 

 硬式野球部(東京六大学野球)は5月21日、法政大学との1回戦を戦い、六回に田口耕蔵選手(育・3年)の2点適時二塁打などで逆転して4-1で勝利した。先発の宮台康平投手(法・3年)が毎回走者を出しながらも粘投を続け、自己最速の146キロを記録し8奪三振1失点で完投。宮台投手は今季自身2勝目を挙げた。東大は今季、明治大学と立教大学に勝利しており、シーズン3勝目は2004年春以来12年ぶりとなった。東大は明日22日10時半から、02年秋以来となる勝ち点を目指して法大との2回戦を戦う。

法大|010 000 000|1
東大|000 003 01X|4

 

今季の過去の試合はこちら

→ 硬式野球部 宮台投手が毎回の13奪三振もサヨナラ負け

→ 硬式野球部、9安打放つも11残塁 8失点で2試合連続の完封負け

→ 硬式野球部 宮台投手の好投実らず、またもサヨナラ負け

→ 硬式野球部 山田選手のサヨナラ打で今季初勝利

→ 硬式野球部 山田選手が本塁打放つも、投壊で勝ち点ならず

→ 硬式野球部 宮台投手が打ち込まれ慶大に1-6で敗北

→ 硬式野球部 今季最多の4得点も、3本塁打浴び9失点で慶大に連敗

→ 【詳報】硬式野球部、08年秋以来のシーズン2勝目 宮台選手が投打で活躍

→ 硬式野球部、立大に投打で完敗 勝ち点は明日の試合で

→ 硬式野球部 2本塁打浴び8失点、勝ち点逃す

 

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

SPORTS 2015年01月07日

東大アメフト 1部下位リーグBIG8に残留

INTERVIEW / OBOG 2017年10月09日

アワビ研究者はなぜ作家に? 第2回サッカー本大賞・中村慎太郎さんインタビュー

COLUMN 2017年11月20日

東大硬式野球部はなぜ勝ち点を取れたのか? 秋季リーグ戦をデータ面から振り返る

SPORTS 2015年11月01日

東大アメフト ミスから逆転負けし、TOP8昇格可能性が消滅

SPORTS 2016年10月21日

【部員が見る軟式野球⑥】過密日程の初戦は早大に惜敗

TOPに戻る