COLUMN 2019年12月13日

Campus Guy 丸拓登(まる・たくと)さん(文Ⅲ・2年)

 

地方との懸け橋として

 

 地方の高校生の受験を手助けする学生団体「FairWind」に所属する。自身も島根県出身で大きなハンディを背負った受験を経験した。「地方では受験情報が不足しており、大変苦労しました」。同じような境遇の学生に進路について考えてもらえるよう、時間の使い方や大学の楽しさを伝える。

 

 「東大には得意分野を極めて熱く語る人や、一見して普通でも深い見識を持つ人が多いです」。友人と出掛けたりスポーツをしたり、会話する中で新しい知識や価値観を吸収する生活に魅力があると力説する。

 

 東京という新天地での生活も2年目。大学生活を満喫し、それを高校生に伝えながら、現在は研究テーマを決めるべくさまざまな授業を受講する。「より良い将来になるよう残りの2年も頑張ります」。将来のビジョンも地方の学生に希望を与えるだろう。


この記事は2019年12月3日号から転載したものです。本紙では他にもオリジナルの記事を公開しています。

ニュース:東大の足元は今②国際化 東大の国際化とは 学生の意識向上がカギ
ニュース:1部上位で初の勝利 アメフト日体大戦 来季残留を決める
ニュース:民間試験利用せず 21年度東大入試 出願要件から外れる
ニュース:特任准教授の差別発言 情報学環が異例の声明
ニュース:水島公一さん 総長特別表彰
企画:駒場学生相談所相談員に聞く ストレスと向き合うには
企画:写真で振り返る駒場祭
企画:冬ごもりのおともに 編集部員が選ぶ冬の名作
WHO,ROBOT:第2回(後編) 工学者が持つべきビジネス戦略
キャンパスガイ:丸拓登さん(文Ⅲ・2年)

※新聞の購読については、こちらのページへどうぞ。

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

COLUMN 2017年02月03日

見過ごされるハラスメント【調査報道:ブラックラボとは何か②】

COLUMN 2018年03月12日

【受験生応援2018】初修外国語を決めよう!各言語の特徴・クラスを徹底比較

EVENT 2015年11月20日

「祭は旅だ。」第66回駒場祭 明日21日から

COLUMN 2019年01月08日

【駒場のアツいゼミ特集③】ハイデガー哲学 思想家の大著から人間関係を考える

COLUMN 2017年02月27日

【東大受験生応援連載】合格後のスケジュール 計画的に入学準備を進めよう

TOPに戻る