LATEST NEWS 2017年7月22日

医・上田教授ら 細胞レベルでがん転移解析可能に

 上田泰己教授(医学系研究科)らは、臓器の組織などを高度に透明化し、がんの転移を全身・全臓器において1細胞レベルの解像度で解析可能にする技術を開発した。がんのみならず、自己免疫疾患などさまざまな病気の病態解明や治療法開発が期待される。研究成果は米科学誌「セルリポーツ」(電子版)に現地時間5日付で掲載された。

 

 がん転移の研究では、少数のがん細胞から成る微小な転移を観察する技術が確立されていなかった。上田教授らは個体・臓器を1細胞レベルで観察するため実験体を透明化する研究を進め、2014年には特殊な試薬でマウスの全身透明化に成功していた。

 

 上田教授らは今回、試薬の屈折率を臓器ごとに最適化することで、マウスの全身・全臓器の1細胞レベルでの透明化を達成した。また、この技術を応用してマウスの肺がん細胞を観測し、通常がん細胞の多くが転移前に死ぬ一方で、細胞間の接着が消失した状態では多くが転移巣を形成すると明らかにした。乳がん細胞が抗がん剤投与後も残存する様子を1細胞ごとに観察することにも成功。わずかでもがん細胞が残存すると再発の恐れがあり、有効な抗がん剤開発に今回の技術が有効だと期待される。

 

【関連記事】

認知症患者ら向け情報交換ツールの臨床研究を開始 医学部附属病院


 この記事は、2017年7月18日号に掲載した記事の転載です。本紙では、他にもオリジナルの記事を掲載しています。

 

 

ニュース:駒場Ⅰキャンパス北東部再編 本年度末にも工事開始 教養学部「施設の安全を確保」
ニュース:医・上田教授ら 細胞レベルでがん転移解析可能に
ニュース:「詳細な情報提供を」 解体対象施設利用団体の声 狭い仮設体育館に懸念
企画:論説空間 持続可能な社会描くには 伝統的な制度生かす 松田浩敬特任准教授(新領域創成科学研究科)
企画:前田家本郷邸開設400年記念 キャンパスの名所を探訪
新研究科長に聞く⑥総合文化研究科 石田淳教授(総合文化研究科)
新研究科長に聞く⑦経済学研究科 持田信樹教授(経済学研究科)
推薦の素顔 村山華子さん(理Ⅱ・1年→理学部)
世界というキャンパスで 塘田明日香さん(育・4年)⑤
東大新聞オンラインアクセスランキング 2017年6月
東大今昔物語 1977年4月25日発行号より 100周年の東大巡って
サークルペロリ 東京大学クイズ研究会
キャンパスガール:柿田美由輝さん(文Ⅰ・2年)

※新聞の購読については、こちらのページへどうぞ。 

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

NEWS 2016年06月07日

理Ⅲ対象アンケート、入試の「面接復活」賛否割れる 有効性に疑問の声も

INTERVIEW / OBOG 2015年10月02日

“CGで医療を変える”:医学部卒サイエンスCGクリエイター瀬尾拡史さん後編

EVENT 2016年06月19日

「人はどこまで生きれば幸せか」為末氏の語る医療と幸福とは? 五月祭 医学部企画イベントレポート

NEWS 2017年06月16日

東大医学系研究科・笠井清登教授ら、統合失調症患者に神経伝達異常を確認

INTERVIEW / PROFESSOR 2014年08月24日

AED問題を、社会問題として解決するには?

TOPに戻る