LATEST NEWS 2019年10月19日

遺伝的変異が身長に影響 日本人の身長に関わる遺伝的変異を同定

アレル頻度と身長に及ぼす効果量の関係   ※染色体上の場所が同一であっても、遺伝子や個々の塩基配列が異なる場合がある。これらの遺伝子や塩基配列を、アレルという。

 

 秋山雅人講師(九州大学)や鎌谷洋一郎教授(新領域創成科学研究科)らによる理化学研究所の研究グループは、日本人約19万人のゲノム解析を行い、身長に関する573の遺伝的変異を同定した。身長に影響する二つの遺伝子を新たに特定した他、頻度の低い遺伝的変異が高身長につながる傾向にあることも判明した。成果は9月27日付の英科学誌『ネイチャー・コミュニケーションズ』(電子版)に掲載された。

 

 体重など、遺伝的要因と環境的要因で生じる特徴を多因子形質と呼ぶ。多因子形質の特定にはゲノムワイド関連解析(GWAS)という、ゲノム上の遺伝的変異を網羅的に選別する方法が用いられていた。しかし日本人の頻度が低い遺伝的変異は解析精度が低く、十分な検討ができない上、日本人を対象とした研究は小規模なものだけだった。

 

 鎌谷教授らは多因子形質の一つである身長に注目。「全ゲノムインピュテーション」という、実験で測定されていない遺伝的変異を推定する手法で、従来の100倍近い数の遺伝的変異の比較を可能にした。結果、573の遺伝的変異が日本人の身長に関わることが分かった。うち64の変異は、従来の方法では検出が難しいものだった。

 

 さらにタンパク質に影響する遺伝的変異の情報を用いて遺伝子単位で調べることにより、二つの遺伝子が人種にかかわらず、身長を高くすることに関わっていることを明らかにした。日本人の頻度の低い遺伝的変異は身長を高くする傾向にあることも分かった。日本人の集団では身長を高くする効果を持った遺伝的変異が自然淘汰を受けていたこと、つまり高身長が日本人に不利な影響を及ぼしていたことが示唆される。


この記事は2019年10月15日号から転載したものです。本紙では他にもオリジナルの記事を公開しています。

ニュース:芸術に大学の知性を 芸術創造連携研究機構 世界水準の芸術教育へ
ニュース:堅守で強敵振り切る ラクロス慶大戦 関東優勝に王手
ニュース:硬式野球早大戦 1回戦は一時同点 投手陣奮闘も連敗
ニュース:10倍の高効率で冷却 半導体デバイス 高密度高速化に対応
ニュース:結晶構造の関連解明 ゼオライト合成条件 機械学習を活用
ニュース:遺伝的変異が身長に影響
企画:国民の関心維持が課題 裁判員制度開始から10年
企画:悩んだらまず相談に 東大生の悩みに向き合う現場に迫る
世界というキャンパスで:分部麻里(文・4年)④
100行で名著:『もの食う人びと』辺見庸著
東大CINEMA:『ジョーカー』
キャンパスガガイ:能森恵佑さん(文Ⅰ・1年)

※新聞の購読については、こちらのページへどうぞ。

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

INTERVIEW / PROFESSOR 2019年11月15日

「みんなの首里城をもう一度」首里城デジタル復元プロジェクト発起人の思いに触れる

INTERVIEW / FEATURE 2019年04月15日

若者よ、社会の原動力となれ 小宮山第28代総長と見る東大の平成と未来

NEWS 2019年10月11日

地球温暖化の経済被害を推計 軽減の可能性あり

COLUMN 2019年10月03日

【研究室散歩】@高分子ゲル 吉田亮教授 研究の根本は「美」

COLUMN 2019年10月30日

【WHO, ROBOT①】ロボットと人の役割分担明確に ~東大教授と迫る「ロボット工学三原則」~

TOPに戻る