EVENT 2016年10月28日

官僚、起業……多彩な経歴を持つ東大卒の広島県知事の講演会を11月1日に開催

figure1

 

 官僚・起業・留学・知事など多くの経歴を持つ広島県知事・湯﨑英彦さん(1990年法学部卒)の東大生向けの特別講演会が、11月1日に開催される。東大ドリームネットの運営で、湯﨑さんはさまざまな経歴を持つに至った理由、現職の知事としての現在の日本・広島に対する考え、広島県で展開する政策などを語る予定だ。参加無料・事前申し込み制で、詳細は東大ドリームネットのウェブサイトで確認できる。

 

【開催概要】

湯﨑英彦氏 講演会 ~異色のキャリアパスを辿る現役知事が語る「地方創生」の今~
日時:2016年11月1日(火)
講演時間:15:30~17:00(開場15:15)
場所:東京大学駒場キャンパス 21KOMCEEレクチャーホール
主催:東京大学(東大ドリームネットが運営)

 

【湯﨑さんの経歴】
1990年 東京大学法学部卒業。同年、通商産業省(当時)入省。
1995年 米スタンフォード大学経営大学院修士課程修了。
2000年 通商産業省退官、同年にIT通信企業アッカ・ネットワークス(当時)を設立し代表取締役副社長に就任。
2009年 広島県知事就任。
2013年 広島県知事への再選を果たし現在2期目。

 

東大ドリームネットの講演会統括・峪諒志さん(文Ⅰ・2年)のコメント

――今回、湯﨑さんの講演会を開く意図は
 現在関心が高まっている、地方の問題を取り上げました。他では学生が聞くことはできないが、ドリームネットだからこそお呼びできる方にしたいと考え、東大の卒業生である、湯﨑英彦広島県知事にご講演をお願いしました。現役の首長だからこそ聞ける、地方の問題に関する、新鮮で興味深いお話をしていただきます。
 また、湯﨑知事は官僚から起業し、その後県知事になる、という少し変わった経歴の持ち主です。当日はそちらに関してもお話ししていただく予定ですので、起業、留学に興味がある方にもお申込みをいただいております。当日をどうぞ楽しみにしていてください。

 

――今回の講演会はどのような人にオススメか
 今回の講演会は地方創生がメインテーマの一つになっています。現役の知事のお話を直接聞けて、質問もできる数少ない機会なので、日本の地方の問題に興味のある人にはぜひオススメしたいです。また、講演会の前半部分では、官僚から起業し、そして知事になられるという、湯崎氏の異色の経歴についてもご紹介していただきます。それぞれのステージでどのようなビジョンを持っていたのか。他では聞けない内容となりますので、授業をさぼるくらいなら(笑)、どうぞレクチャーホールに足を運んでください。

 

【関連記事】

8月、被爆地から考える平和 東大卒の広島県知事はオバマ大統領の訪問をどう見たか

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

EVENT 2016年06月29日

東大はなぜ推薦入試を増やすべきなのか。東大教授や教育改革実践家らが激論

NEWS 2016年10月18日

推薦入試のネット出願を開始 書類の提出も必須

NEWS 2017年01月17日

東大生のプライドの根源とは? 工学部が講演会を実施

NEWS 2014年06月17日

ドワンゴ川上会長「大学は、教育ではなく研究をしてほしい」

COLUMN 2017年01月30日

The Universal Value of Education Found in Bangladesh and Japan

TOPに戻る