LATEST NEWS 2017年8月21日

ラクロス男子、リーグ戦を白星発進 17得点で獨協大を圧倒

 ラクロス部男子(関東学生1部リーグ)は15日、リーグ開幕戦を獨協大学と戦い、17―5で白星を飾った。東大は第1クオーター(Q)にいきなり8点を奪うと、その後も効果的な追加点を挙げ今季から1部に昇格してきた相手を終始圧倒、幸先の良いスタートを切った。学生日本一を狙う東大は、まずは6チームによる1部Bブロックで2位以上に与えられるFINAL4(決勝トーナメント1回戦)出場権獲得に向け、25日に千葉大学と第2戦を戦う。

 

獨大|1103|5

東大|8243|17

 

 東大は試合開始直後から速攻を仕掛けると、開始1分で田中克明選手(文・4年)のシュートで先制点を挙げる。その後すぐに同点に追い付かれるも平松匠太選手(文Ⅲ・2年)のシュートが突き刺さり勝ち越してからは、得点後のFO(フェイスオフ)でほぼ東大がボールを奪うなど、東大がボール支配を優位に進める。第1Qだけで佐々木泰介選手(農・3年)が2得点を奪い、一方的に攻め立てる展開のまま8得点で主導権を握る。

 

第1Q、平松選手(#28)のシュートで勝ち越し、喜ぶ選手たち(撮影・田辺達也)

 

 第2Qからはパスミスからボールを奪われるなど、獨大の反撃がゴール前まで迫る場面が見られるが、懸命な守備でシュートを打たせない。後半も勢いを維持し、第3Qでは川原田直貴選手(文・4年)がゴールに背を向けながらのカムシュートを含む3得点を収め、流れを相手に渡さない。

 

第3Q、平松選手(右)がこの日2点目のゴール、点差は10点に(撮影・関根隆朗)

 

 試合開始から降り注いでいた雨が時折強くなり、選手の転倒が見られた第4Qは3点を許すが、吉野潤選手(経・4年)が相手DFへの体当たりから奪ったボールを、佐々木選手がゴールするなど東大からも立て続けにシュートを放ち、最後まで集中力を途切れさせることなく快勝。リーグ突破へ向け、まずは1勝だ。

(文・田辺達也)

 

【関連記事】

ラクロス男子、残り1分で劇的同点ゴール 中大と引き分ける

ラクロス男子、開幕2連勝 千葉大に猛追許すも逃げ切る

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

COLUMN 2016年08月04日

【東大ハンドボール部寄稿】リオ五輪「ハンドボール」の見どころ

SPORTS 2016年06月25日

ホッケー女子、創部以来初の2部優勝 1部復帰懸け26日に入替戦

COLUMN 2016年08月07日

【東大庭球部寄稿】リオ五輪「テニス」の見どころ

SPORTS 2017年04月15日

【東京六大学野球・速報】東大―慶大 1回戦

COLUMN 2016年08月07日

【東大洋弓部寄稿】リオ五輪「アーチェリー」の見どころ

TOPに戻る