SPORTS 2018年6月3日

【部員が見る軟式野球2018⑪】早大とのプレーオフ 打線爆発で圧勝

春季リーグ戦プレーオフ第1戦vs早稲田大学(5月18日)

 

東大 0 0 0 0 1 1 2 0 6 | 10

早大 1 0 0 0 0 0 1 0 0 | 2

 

 巴戦となったプレーオフの第一戦、リーグ戦優勝へ向け敗戦が許されない東京大学は、先発に防御率0点台を誇る主戦西野(育・3年)を送り出す。しかし初回、立ち上がりが乱れたところを早稲田大学の三番永牟田、四番梅本に連続安打されるなどし、一点を先制される苦しい展開となる。

 

適時打を含む2安打の活躍を見せた吉川選手(写真は軟式野球部提供)

 

 西野を援護したい東京大学は五回表、先頭の六番静間(文Ⅲ・2年)が投手の失策で出塁すると、その後二死二塁の好機から九番串田(文Ⅱ・2年)が値千金となる適時打を放ち、同点とする。

 

 打線の勢いは止まらない。六回表に四番吉川(理Ⅰ・2年)の適時二塁打で1点、七回表には一番吉永(工・4年)の適時打などで2点を追加し、3点差と突き放す。

 

 西野は七回裏に1点を失うも、好返球の中堅手吉永をはじめとする守備陣にも助けられ、8回111球の熱投で勝利投手の権利を持ったままマウンドを降りる。

 

 東京大学は九回表、この日2戦目で疲弊した早稲田大学守備陣の隙を見逃さず、先頭の九番串田の内野安打、三番保知(文Ⅱ・2年)、四番吉川の連打、六番静間は二塁打、七番勝田(経・4年)は本塁打と長打攻勢も見せ、一挙6点を挙げる。

 

本塁打を放った勝田選手(写真は軟式野球部提供)

 

 九回裏に送り出された小川(文Ⅱ・2年)は1回を無失点に抑える好投を見せ、10対2をもって見事本学が勝利した。        

 

文責:軟式野球部 松岡昇汰(理Ⅰ・2年)

【部員が見る軟式野球2018】

開幕戦、西野投手の完投で法大を下す

明大に4ー3で開幕2連勝

慶大に反撃及ばずリーグ戦初黒星

法大に逆転を許し2連敗

立大に無失点勝利で前半戦折り返し

打線がつながり明大に快勝

早大とのエース対決制し、首位に並ぶ

打線封じられ、立大にわずか4安打で敗北

早大に競り勝ち、今季6勝目

リーグ優勝に向けて慶大に快勝

早大とのプレーオフ 打線爆発で圧勝

決めきれず法大に敗北 優勝は持ち越しに

打線に力なく法大に1ー6 優勝ならず

新人戦は一回戦敗退 打撃に課題か

春季ブロック大会 新チームで逆転勝利

 

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

SPORTS 2017年10月18日

ラクロス男子 8年ぶりに予選リーグ敗退

SPORTS 2016年12月05日

アメフト、今季最多の52得点で快勝 全勝で17日の昇格戦へ

SPORTS 2016年10月27日

【部員が見る軟式野球⑩】初回先頭打者本塁打で先制も逆転負け リーグ最下位で終戦 

SPORTS 2015年10月12日

東大ラクロス男子 成蹊大破り予選リーグ全勝で決勝トーナメント進出

INTERVIEW / OBOG 2017年10月09日

アワビ研究者はなぜ作家に? 第2回サッカー本大賞・中村慎太郎さんインタビュー

TOPに戻る