SPORTS 2018年6月9日

【部員が見る軟式野球2018⑬】打線に力なく法大に1-6 優勝ならず

春季リーグ戦プレーオフ決勝戦vs法政大学(5月25日)

 

法大 1 0 2 1 0 0 2 0 0 | 6

東大 1 0 0 0 0 0 0 0 0 | 1

 

 先日行われた総当たりのプレーオフでは決着がつかず、今回行われることとなったトーナメントで本学はシードとなり、早稲田大学との一回戦に勝利した法政大学と対戦した。この大一番で東京大学は先発に小林(農・3年)を送りこむ。

 

三塁打を放った保知選手(写真は軟式野球部提供)

 

 試合は一回から動く。先発小林は二塁打とセーフティバントで無死一・三塁のピンチを招くと、四番坂田の適時打で先制を許す。しかしその裏、東京大学は一死から二番保知(文Ⅱ・2年)が三塁打を放つと続く三番吉川(理Ⅰ・2年)が右翼フェンス直撃の適時打を放ち、試合を振り出しに戻す。

 

一時同点となる適時打を放った吉川選手(写真は軟式野球部提供)

 

 ところが三回、守備の乱れも重なり法政大学に2点を勝ち越される。四回、七回にもそれぞれ1点、2点を失い、苦しい試合展開に立たされた。打線は二回以降、相手先発の橋本の前につながりを欠いて計4安打に終わって無四球完投を許し、敗戦した。この試合の結果、本学は春季リーグ戦での最終順位が二位となり、惜しくも全国大会への出場を逃した。

 

文責:軟式野球部 澤根和真(文Ⅰ・2年)

 

【部員が見る軟式野球2018】

開幕戦、西野投手の完投で法大を下す

明大に4ー3で開幕2連勝

慶大に反撃及ばずリーグ戦初黒星

法大に逆転を許し2連敗

立大に無失点勝利で前半戦折り返し

打線がつながり明大に快勝

早大とのエース対決制し、首位に並ぶ

打線封じられ、立大にわずか4安打で敗北

早大に競り勝ち、今季6勝目

リーグ優勝に向けて慶大に快勝

早大とのプレーオフ 打線爆発で圧勝

決めきれず法大に敗北 優勝は持ち越しに

打線に力なく法大に1ー6 優勝ならず

新人戦は一回戦敗退 打撃に課題か

春季ブロック大会 新チームで逆転勝利

 

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

SPORTS 2016年11月24日

東京六大学選抜vsヤクルト 東大から3人が出場 三木投手が1回ピシャリ

COLUMN 2016年08月06日

【東大ラグビー部寄稿】リオ五輪「7人制ラグビー」の見どころ

SPORTS 2017年10月18日

ラクロス男子 8年ぶりに予選リーグ敗退

SPORTS 2018年04月22日

硬式野球 先発の小林投手好投も打線が援護できず明大に連敗

SPORTS 2016年05月06日

アメフト部 1部上位リーグ所属の明大に16-13で勝利

TOPに戻る