SPORTS 2018年9月24日

【部員が見る東大軟式野球2018秋⑤】好機作るも攻めきれず 法大に0ー1で惜敗

秋季リーグ戦第5戦vs法政大学(9月12日)

 

東大 0 0 0 0 0 0 0 0 0 | 0

法大 0 0 0 0 0 0 1 0 × | 1

 

 ここまで1勝2敗1分と、東日本大会進出に向けて負けられない戦いの続く東京大学。春季リーグ戦およびプレーオフと合わせると、今年早くも7回目の対戦となる法政大学戦で、主戦西野(育・3年)が先発のマウンドに上がった。

 

8回1失点の力投を見せた西野投手(写真は軟式野球部提供)

 

 一回表、東大は法政大学の先発林田の立ち上がりを攻める。二番青木(文Ⅰ・2年)が相手の失策で出塁すると、続く三番川﨑(経・3年)が安打でつなぎ、一死一・三塁の好機を作る。しかし、四番吉川(理Ⅰ・2年)が併殺打に倒れこの回は無得点に終わる。

 

 その後、東大は三回に一死から九番中谷(理Ⅱ・2年)の四球と一番保知(文Ⅱ・2年)の安打で一死一・二塁の好機を作るが、後続が倒れて無得点に終わる。続く四回には、先頭の四番吉川が二塁打を放つと、続く五番静間(文Ⅲ・3年)が犠打を決め、一死三塁の好機をつくる。しかしスクイズ失敗により、この回も得点を奪うことができない。

 

 一方、先発の西野は、ストライク先行の投球でテンポよく相手打者を打ち取っていく。捕手串田(文Ⅱ・2年)の三つの補殺もあり、西野は六回まで法政打線を無得点に抑えた。

 

盗塁を3度刺すなど好守を見せた串田選手(写真は軟式野球部提供)

 

 試合が動いたのは七回裏。西野が一死から五番清野に四球を与えると、犠打で二死二塁となった後、七番川口に右中間への二塁打を浴び、法政大学に先制を許してしまう。

 

 反撃したい東大打線であったが、法政大学の先発林田の前に八回、九回と三者凡退に終わり、このまま試合終了。0対1で惜敗した。

 

 痛い敗戦となった東京大学。暫定順位は5位となり、東日本大会進出に向けて、これ以上の敗戦は許されない状況となった。しかし、捕手串田の好プレーや、九番中谷の好調など、明るい話題もある。一戦ずつ勝利を積み重ねていくことで、巻き返しを図っていきたい。

文責:軟式野球部 吉川航生(理Ⅰ・2年)

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

COLUMN 2015年05月05日

「来年こそは」で終わらせない 〜東商戦勝利の先に見据える、日本一という目標〜

INTERVIEW / OBOG 2017年10月09日

アワビ研究者はなぜ作家に? 第2回サッカー本大賞・中村慎太郎さんインタビュー

SPORTS 2015年06月30日

東大ホッケー部女子、初の1部昇格。躍進の理由を部員に聞く

NEWS 2014年04月28日

駒場で「運動会」開催 運動会が主催 新入生がリレー

SPORTS 2018年12月28日

【東大スポーツ2018総括】アメフト 1部リーグ上位TOP8昇格へ 目の前のプレーに集中

TOPに戻る