LATEST NEWS 2016年11月9日

学部交渉、9日に実施 設備改善など5項目を議論

figure1

 

 教養学部学生自治会は9日午後5~8時に駒場Ⅰキャンパス21KOMCEE Westで、教養学部当局とカリキュラムや施設などについて学生側の要求を討議する「学部交渉」を行う。当日議論するのは、教職員・学生の代表者が定期的に意見交換・情報共有をする制度の導入など、要求全11項目のうち5項目(表)。交渉は学生・教員など東大構成員であれば誰でも傍聴可能だ。

 

 要求項目は構内の街灯拡充から必修科目の成績評価の規格化まで幅広い。履修できる授業数を制限する「キャップ制」の上限を拡大する要求も、昨年度学部交渉に続いて提示する。

 

 学生自治会は要求の数を昨年度の36項目から11項目へ削減し、議論の実質化と要求の実現を狙う。学生自治会会長の福田樹生さん(2年)は、東京大学新聞社の取材に「学部交渉は、私たち学生が学生の立場で大学運営に参加し、身近な環境を改善していくためのステージ。学生の皆さんはぜひ本交渉の会場に来てほしい」と意気込みを語る。

 

 学部交渉は今年1月、4年ぶりに復活。今回が復活後2回目となる。前回は学生自治会・教養学部の準備の遅れから1月にずれ込んだが、今回以降は基本的に年1回、10~11月に開催する方針だ。

 


この記事は、2016年11月8日号からの転載です。本紙では、他にもオリジナルの記事を掲載しています。

2780_11_8pop622

ニュース:進学選択第3段階、その実像とは 経済・教育以外で実施
ニュース:決勝T1回戦を突破 ラクロス男子FINAL4 5年ぶりに決勝進出
ニュース:設備改善など要求 学部交渉 9日に5項目議論
ニュース:東大卒・湯﨑広島県知事が講演 「勇気を持って回り道を」
ニュース:学部交渉の狙い 要求内容の実質化目指す 事前交渉実現 要求を36→11に絞る
ニュース:東大1年が上位3人入り 日本IBMコンテスト プログラム開発課題で
ニュース:2017年度進学選択第3段階 定数・進学内定者数一覧
企画:早期英語教育の是非 理念の欠如、教員の不足……
企画:駒場Ⅰキャンパス サークル活動の場所が不足 団体数過多で予約取れず
東大新聞オンラインアクセスランキング:2016年10月
東大最前線:潮の干満と地震
東大今昔物語:駒場祭にも学生運動が
キャンパスガール:涌井 恵さん(理・4年)

※新聞の購読については、こちらのページへどうぞ。

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

COLUMN 2017年11月17日

【N高生のリアル⑨】「孤独な通信制」という常識を覆す Slackで育まれる友情

COLUMN 2017年02月25日

【東大受験生応援連載】16年度ミス・ミスター東大から受験生へ送る応援メッセージ

COLUMN 2017年04月21日

東大新入生アンケート2017① 推薦合格者、女子は4割 「エリート意識ある」半数割れ

NEWS 2018年02月05日

駒場コモンズ計画 仮設体育館建設へ 2月5日に着工

EVENT 2018年03月02日

東大CHOCO=CROW、最後のUNIDOLで決勝戦出場 ラストステージで見せた「攻めの姿勢」

TOPに戻る