COLUMN 2019年2月11日

【日本というキャンパスで⑦】日常生活にあふれる日中の違い

 記者が東大に入学して4年が過ぎた。主に学校生活・食生活・社会面から日本での生活を振り返る。

 

 記者は日本に来る前に、日本語を母語としない人向けの日本語能力試験の最上級であるN1を取り自信満々だったが、最初のゼミに参加した時に衝撃を受けた。日本語の一般的な文章を読める能力から専門用語のあふれる学術的な文章を自然に書ける水準に至るまでの巨大な格差を認識し、その隔たりを埋めるため、文章の論理性向上に努める日々だった。

 

 ゼミでの議論を通して、自分と異なる意見を受け止める寛大な心も持てるようになった。自分の意見に反論が存在するのは、確固たる根拠がなかったり、分かりやすさにもう一工夫が必要だったりするのではないかなど、反省する習慣が付いた。議論はあくまでもより客観的な結論に導く手段の一つだ。

 

 また、東京大学新聞社で発行される毎回の新聞は、各面各部分の担当者による合成力があってからこそ、でき上がったものだと実感した。チーム力の結晶という感動や自分の考え方をより多くの読者と分かち合える達成感が常に湧いている。加えて、2018年は東京大学中国茶同好会の駒場祭運営メンバーの一人として関わり、周りの日本人の仲間による中国茶の知識への追求精神に感銘を受けた。彼らのおかげで、中国茶は製造方法や発酵度合いで黒茶や黄茶、白茶など大きく6種類に分かれることを知ることができた。

 

18年駒場祭にて、中国茶同好会の代表である磯さん(右)との記念写真

 

 食生活に関しては、朝食の飲み物を例にとると、日本はみそ汁が中心で、中国は地域によって異なるものの、豆乳・スープ(チキンスープなど)・おかゆ(青物・かぼちゃ・あわ・ピータン豚肉)が中心だ。来日まで生魚は食べたことがなく、中国では煮込み魚が一般的だった。

 

 社会面では、正直日本に来る前は自分がうるさいという自覚は全くなく、明るい自分だと認識していた。日本で中国人の友達にたびたび注意されたのを契機に考えたところ「うるさい」と「明るい」の間にある明確な一線への認識が欠如していて、公共の場への意識が弱かったと感じた。一方で「堂々と話すべき」という中国の学校教育上の理念は話す声の大きさに一定の影響を及ぼしていると思う。堂々と話すことに慣れている記者は自らの話に夢中になった結果、音量へのコントロールを忘れてしまうのではないかと思う。

 

 「郷に入れば郷に従え」と指摘されても、慣れるまでかなりの過程が必要だ。隣国であるがゆえに、お互いの文化・風習に関する知識をより増やしておく必要があると考える。 


この記事は、2019年2月5日号に掲載した記事の転載です。本紙では、他にもオリジナルの記事を掲載しています。

インタビュー:「寄り道」が人生を豊かにする 東大卒・下着会社社長の履歴書 枡野恵也さん
ニュース:医学部附属病院で事故調査
ニュース:度會さんグランプリに ミス日本 髙橋さん「海の日」受賞
ニュース:がん誘発の難病、原因を特定 治療薬開発の期待高まる
ニュース:ヒトの向社会性 発達の仕組み解明
ニュース:アプリ開発 目が不自由でも服選び楽しめる
企画:知識と行動で「護身」を 理不尽な選考方法、どう対応
企画:紙上OB・OG訪問
企画:働き手不足を救え 地方圏で就職する魅力とは
企画:学生に戻るという進み方 就職後の大学院進学という選択肢
広告企画:就職を控える東大生へ レールから外れてみる勇気を
100行で名著:『大局観 自分と闘って負けない心』羽生善治著
取材こぼれ話:児玉さんの学生時代
日本というキャンパスで:劉妍(農学生命科学・博士2年)⑦
キャンパスガール:坂本侑紀さん(理学系・修士1年)

※新聞の購読については、こちらのページへどうぞ。

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

EVENT 2017年05月18日

学生間の性暴力を防ぐために 東大生有志のワークショップに女子部員が参加した

COLUMN 2015年10月31日

私の出自とナショナリズムへの関心【連載ロシア留学記2】

INTERVIEW / FEATURE 2016年05月13日

【五月祭おすすめ企画⑧】東京大学箏曲研究会五月祭演奏会 現代曲を懐かしの音色で

COLUMN 2018年02月28日

【受験生応援2018】現役東大生が語るスペイン語学習

NEWS 2017年11月13日

ミス・インターナショナル日本代表に杉本さん 「日本人の強さや美しさを見せたい」

TOPに戻る