LATEST NEWS 2016年12月14日

「ニホニウム」決定を五神総長が祝福

 五神真総長は1日、理化学研究所が発見した原子番号113の元素の名称が11月30日に「二ホニウム」と正式決定したことに対し、「長年にわたる原子核物理学研究の賜物(たまもの)であり、我が国の基礎科学と先端技術の先進性の現れ」と祝福する談話を発表した。「性急に成果を求めるのではなく、常に学問の基盤を高め続ける重要性を、ニホニウムの発見が示している」と基礎研究の重要性も指摘した。

 113番元素は2004年、理化学研究所の森田浩介准主任研究員らが合成に初めて成功した。欧米以外が元素の命名権を得たのは初めて。五神総長は談話で「今後も本学が、我が国さらには世界の学術に大きな貢献を果たすため、いっそうの努力を重ねていく」と決意を新たにした。

 


この記事は、2016年12月13日号からの転載です。本紙では、他にもオリジナルの記事を掲載しています。

2785_12_13pop622

インタビュー:柴田元幸さん(翻訳家・東大特任教授)
ニュース:学生有志が会見 総合図書館利用制限 段階的工事を要求
ニュース:「ニホニウム」決定を五神総長が祝福
ニュース:拓大を攻守で圧倒 アメフト 今季全勝で昇格戦へ
ニュース:国内最高性能のスパコン筑波大と共同運用開始
ニュース:学生劇団「ささくれ(劇)」 旗揚げ公演第3弾を開催
企画:外国語を滑らかに話すために 学習過程を楽しんで
企画:楽しい? 苦しい? 何のために? 経験者が語る留学の実態
企画:世界の多様性を「教養」に 学生時代に留学に行く意味は
東大新聞オンラインアクセスランキング:2016年11月
キャンパスガール:杉本雛乃さん(理Ⅰ・2年)

※新聞の購読については、こちらのページへどうぞ。

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

INTERVIEW / PROFESSOR 2014年05月12日

薬師寺克行教授 「奥行きは、自分で作るもの」

COLUMN 2016年09月21日

細胞分裂で色が変わる大腸菌? 東大生が国際大会金メダルを目指す

INTERVIEW / FEATURE 2018年06月29日

新たな「国体」はどこにある?──『国体論』刊行記念・白井聡さんインタビュー

NEWS 2016年12月29日

【東大2016総決算⑥:ノーベル賞】大隅栄誉教授、東大助教授時代の研究に評価

NEWS 2016年12月11日

総合図書館の利用制限、反対する学生有志が文科省で会見 「段階的工事を」

TOPに戻る