INTERVIEW / FEATURE 2014年3月17日

女子必見! 開くのが楽しい、可愛い就活手帳

tetyoyoshida-1.jpg

厳しい就活を戦って内定を得た東大生は、どのように手帳を使っていたのでしょうか?
手帳を見れば、その人が見える。
今回は、民間金融機関への内定が決まっている大学生に話を聞きます。

野球部のマネージャーである吉田恵さんの手帳は、可愛らしいスヌーピーのもの。

「就活用として売られている手帳とかも見たんですけど、使うのが楽しくなさそうだったので。少し大きめで、スヌーピーも好きだったので、これにしました」

手帳の構成は、「月」ページと「メモ」ページのみのシンプルなもの。野球部の試合の日にはシールを貼ったり、部活やバイトをペンの色で区別したりして、情報が一目でわかるよう整理しているそうです。

「セミナーとかで話をきくときは、手帳にメモせず、別にノートをとったりしていました。予定帳としてはこれで間に合っていましたね」

就活中は、予定が変動することや電話しながらメモをとることも多いので、間違えてもいいように鉛筆で書いていたという。それでも、エントリーシート(ES)の提出期限などは色分けをし、わかりやすくする工夫も。

tetyoyoshida-2.jpg

春からは、金融機関で働く吉田さん。今年の1月から、銀座の伊東屋で購入したシックな黒の手帳を使っている。

「さすがに仕事をするようになると、予定をたくさん書き込むので、週のページがついているものがいいなって。これは、中身のデザインも気に入りました」

社会人になっても、きっと楽しく手帳を使いこなすだろう。

tetyoyoshida-3.jpg

tetyoyoshida-4.png

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

INTERVIEW / FEATURE 2016年02月16日

福岡のロリータ少女は、なぜ東大をめざしたのか? 大石蘭さんインタビュー1

INTERVIEW / FEATURE 2014年09月02日

アンダーグラウンド化する、16卒就活の課題と展望 キャリアセンタースタッフに聞く

INTERVIEW / FEATURE 2016年05月18日

人はどのように選ばれる?…行動心理学アイエンガー教授から就活生へのアドバイス

COLUMN 2014年03月11日

自分の素直な気持ちを書き込める手帳は就活の相棒

COLUMN 2019年03月20日

2020年卒東大生の就職内定率、はや4割 就活時期の前倒し進む

TOPに戻る