SPORTS 2016年10月17日

【部員が見る軟式野球⑤】1年生・西野投手の好投で法大に快勝 連敗止める

軟式野球部秋季リーグ戦第5戦vs法政大学(10月6日)

 

東大 2 0 0 1 0 0 0 0 0 | 3

法政 0 0 0 0 0 0 0 1 0 | 1

 

東大先発の西投手(写真は軟式野球部提供)
八回途中まで好投を見せた東大先発の1年生・西野投手(写真は軟式野球部提供)

 

 第四戦の慶應大学戦に敗れ、二連敗中の東大。この流れをなんとしてでも断ち切りたい東大は、先発のマウンドに一年生投手の西野(文Ⅲ・1年)を送る。

 

 一回表、東大は先頭の吉永(理Ⅰ・2年)が技ありの安打で出塁すると、盗塁や相手の失策も重なり一死満塁と得点の好機を作る。ここで五番新造(理Ⅱ・2年)が右前適時打を放ち2点を先制する。

 

新造選手の右前適時打で2点を先制(写真は軟式野球部提供)
新造選手の右前適時打で2点を先制(写真は軟式野球部提供)

 

 一方東大先発の西野は初回を三者凡退に抑えるなど危なげのない立ち上がりを見せる。すると西野の快投に応えたい東大は四回、一死から新造が再び右中間への三塁打を放ち好機を作る。続く六番西野が死球で出塁し、一死一三塁と好機を拡大させると七番西池(理Ⅱ・2年)の打球は中堅手への飛球となる。しかしここで中堅手からの返球が悪送球となり三塁走者が生還し、東大は幸運な形で追加点を得る。

 

 追加点をもらい更に勢いづく東大先発西野は、五回から七回まで連続で三者凡退に抑えるなど安定感のある投球を見せ、八回途中まで投げて一死一二塁となったところで降板する。その後二番手吉川(文Ⅲ・2年)の暴投により1点を失うものの、最後は三番手西(農・3年)が九回を三者凡退に抑え、法政大学の追撃を退けた東大が3対1で勝利を飾った。

 

 東大は折り返しの第五戦を終えて二勝一分二敗の五位につけている。リーグ優勝、東日本大会出場圏の二位以内を狙うためには、後半戦はより厳しい戦いが予想される。この試合の勝利を勢いに変え、後半戦の巻き返しを図りたい。

 

軟式野球部 吉川元(文・2年)

 

2016年10月17日 07:00 【記事修正】 見出し・キャプションにおける先発投手の名前を「西投手」から「西野投手」に修正しました。 

 

【関連記事】

【部員が見る軟式野球①】秋季リーグ開幕戦は立教と引き分け 九回に追いつく

【部員が見る軟式野球②】早大に粘りの逆転勝ちで今季初勝利

【部員が見る軟式野球③】反撃及ばず立大に敗北 今季初黒星

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

SPORTS 2016年10月02日

硬式野球、開幕6連敗 初登板1年生左腕が初回に3失点

SPORTS 2017年05月04日

アメフト部 1部上位「TOP8」所属の明大に歯が立たず0―34で大敗

NEWS 2016年10月22日

【部員が見る軟式野球⑦】明大にノーヒットノーラン喫す 東日本大会出場の可能性が消滅

NEWS 2015年03月02日

東大生の65%が習っていた習い事とは?

SPORTS 2018年07月08日

【部員が見る軟式野球⑮】春季ブロック大会 新チームで逆転勝利

TOPに戻る