LATEST NEWS 2016年10月22日

【部員が見る軟式野球⑦】明大にノーヒットノーラン喫す 東日本大会出場の可能性が消滅

軟式野球部秋季リーグ戦第7戦vs明治大学(10月13日)

 

明治 0 0 0 0 0 0 0 2 1 | 3

東大 0 0 0 0 0 0 0 0 0 | 0

 

リーグ戦初先発となった吉川投手(写真は軟式野球部提供)
リーグ戦初先発となった吉川投手(写真は軟式野球部提供)

 

  自力での東日本大会進出が消滅しあとがない東大は、目下首位を走る明治大学との第7戦の先発マウンドをリーグ戦初先発となる二年生右腕吉川(文Ⅲ・2年)に託す。その吉川は立ち上がり、3つの四球を与え危機を背負うものの、落ち着いたフィールディングを見せ無失点で切り抜ける。初回こそ不安の見えた吉川であったが2回以降は本来の打たせて取る投球でテンポよく5回までを無安打に抑え、根気強く味方の援護を待つ。しかし東大打線も5回まで明治大学先発山下から1本の安打も奪えない。3回には死球で出した走者で揺さぶりをかけようと試みる場面もあったが、走塁死と試合の流れをつかめない。

 

 膠着した試合展開の中、先に動いたのは東大。6回に先発吉川に代えてリーグ戦ここまで主に抑えとして活躍し防御率0.90と抜群の安定感を誇る西(農・3年)をマウンドに送る。西は締まった試合展開の中、キレのある変化球で強力明治打線を封じる。投手陣の踏ん張りに応え何とか1点が欲しい東大であったが、7回まで死球と失策の走者3人しか出せず苦しい攻撃が続く。

 

 試合が動いたのは8回。2死から失策の走者を得点圏に置き、明治の四、五番に連打を浴び2失点を喫する。9回にも西の後を受けた大川(工・3年)が2つの失策が絡んで1失点。終わってみれば明治大学山下に打者29人ノーヒットノーランを許し3-0で完封負け、東日本大会の出場の可能性が消滅した。

 

軟式野球部 菅谷由祐(文Ⅲ・2年)

 

【関連記事】

【部員が見る軟式野球①】秋季リーグ開幕戦は立教と引き分け 九回に追いつく

【部員が見る軟式野球②】早大に粘りの逆転勝ちで今季初勝利

【部員が見る軟式野球③】反撃及ばず立大に敗北 今季初黒星

【部員が見る軟式野球④】失策響き慶大に惜敗

【部員が見る軟式野球⑤】1年生・西野投手の好投で法大に快勝 連敗止める

【部員が見る軟式野球⑥】過密日程の初戦は早大に惜敗

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

COLUMN 2015年03月31日

スピーディで戦略的。ビーチラグビーというスポーツで、僕らが全国優勝を目指すわけ

SPORTS 2015年10月28日

東大アメフト、攻撃陣振るわず連敗 後半に逆転負け

SPORTS 2016年08月15日

ラクロス男子 序盤の失点響き、開幕戦で慶大に4点差完敗

SPORTS 2018年10月20日

ア式蹴球部男子 成城大に惜敗 チャンス作るも及ばず

SPORTS 2015年11月01日

東大アメフト ミスから逆転負けし、TOP8昇格可能性が消滅

TOPに戻る