SPORTS 2017年11月10日

軟式野球部 9季ぶりリーグ優勝 舞台は東日本大会へ

軟式野球 秋季リーグ順位表(全日程終了)

 

 軟式野球部(東京六大学軟式野球連盟)は10月24日、立教大学が早稲田大学に敗れたことで2013年春以来のリーグ優勝を決めた。同26日の早大との今季最終戦にも4―3で逆転勝ちし、7勝2敗1分で今季を終えた。優勝した東大は今月12日からの東日本大学軟式野球選手権大会への出場が決定。前回出場した12年秋にはベスト8へ進出している。

 

最終戦後、優勝の喜びを分かち合う選手たち(写真は軟式野球部提供、以下同)

 

 東大は今季、初戦で慶應義塾大学に敗れるも、3連勝で首位タイに浮上。第5戦では慶大に再び敗れるが、その後一つの引き分けを挟む3連勝を収め、早大の失速にも助けられて首位を独走。唯一東大に並ぶ可能性のあった立大が24日に敗れたことで、東大の9季ぶりの優勝が決まった。

 

 早大との最終戦は、同点の六回に勝ち越しを許し、打線は三回以降安打が出ない苦しい展開。しかし九回、二つの四球で2死一二塁の好機をつくると、新造英朗選手(農・3年)が左中間へ同点適時二塁打を放つ。なおも2死満塁から押し出しで逆転に成功した。

 

●平野裕監督(工・3年)

 「エースの西野巧人を中心に、安定した守備陣と強力打線がかみ合い、白星を積み重ねられた。勢いに乗って東日本も勝ち抜きたい」

 

 

 


この記事は、2017年11月7日号からの転載です。本紙では、他にもオリジナルの記事を掲載しています。

 

 

ニュース:5割以上が自民に 衆院選×東大生 世代間で投票率に差
ニュース:9季ぶりリーグ優勝 軟式野球部 舞台は東日本大会へ
ニュース:ヒトiPS細胞から運動神経モデル作製
ニュース:硬式野球部 単独最下位を脱出 楠田選手がベストナイン
ニュース:学務システムでアンケート 新学事暦への評価問う
ニュース:いざ、北の大地へ
ニュース:進学選択を振り返る② 面接・志望理由書の実態 評価基準の不透明さに疑問
企画:10月27、28日 柏キャンパス一般公開 最先端の科学を味わう 
企画:他者との直接のつながりを 京都大学・山極総長、本郷でAIについて講演
企画:最新技術で溶け合う境界線 進化する最新ゲーム事情
著者に聞く:『21世紀のアニメーションがわかる本』土居伸彰さん
世界というキャンパスで:額田裕己さん(文Ⅲ・1年)②
キャンパスガール:髙橋紗里奈さん(文Ⅱ・1年)

※新聞の購読については、こちらのページへどうぞ。

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

SPORTS 2016年04月18日

【部員が見る軟式野球③】早大との接戦制し今季2勝目

SPORTS 2014年06月24日

ホッケー部、1部昇格を逃す

SPORTS 2016年04月18日

【部員が見る軟式野球①】投打かみ合い法政との開幕戦に快勝

SPORTS 2018年05月07日

硬式野球 早大に健闘も3-5で敗戦 ここ一番で勝負強さを欠く

SPORTS 2016年11月06日

アメフト、全敗・専修大に辛勝 開幕5連勝でチャレンジマッチ進出決める

TOPに戻る