COLUMN 2017年8月25日

【現役学生が語る夏休み・夏以降の勉強法①】一つに決めて何度も繰り返して

 暑さが続く今日この頃、受験生の皆さんはどのようにお過ごしだろうか。この夏を有意義に過ごせたという人もいれば、やり残したことが多いと感じる人もいるだろう。東大新聞オンラインでは2回連続で、残り少ない夏から受験に向けてどのように勉強していけばいいのかについて、現役学生からのアドバイスを紹介する。

 

 

 夏休みの生活のリズムに関しては、7時に起きて12時に寝るという規則正しい生活を送るよう心掛けていました。私の場合は歩いて5分の場所にある塾の自習室に毎日通っていました。人にもよりますが家では誘惑も多く集中力も切れやすいので外に出てしまうことが有効だと思います。私の通っていた塾は夏休みの間は9時から22時まで空いていたのでその間はずっといるようにしました。科目は満遍なく勉強するようにしていました。私は文系で数学が特に苦手だったので、一番集中できる午前中は数学をしていました。逆に眠くなってきて集中力の切れやすい午後は得意な英語で手を動かすように。眠気は覚めても疲れのたまってきた夕方は、面白い話が載っていることが多い国語で気分を紛らわせていました。暗記科目は夜寝る前にやったほうが記憶に残りやすいと聞いてから夜は社会科に取り組みました。

 

 勉強内容は主に過去問を繰り返し解くことでした。繰り返す中で苦手な分野を見つけたら使っていたテキストに戻って復習してから過去問に戻ることを繰り返せば少しずつ点数が向上していきます。空いた時間には社会科や数学のセンター試験の過去問を解いていました。足切りにあってしまえば元も子もないですし、少しでもセンターでいい点数を取っておけば安心につながります。センター試験は点数がはっきり出るので今の実力を知るのにもぴったりです。自分の弱点がはっきりと出るので、特に覚えることの多い社会科は何度も繰り返しては繰り返して使っていたテキストに戻って復習していました。私はどちらかといえば物が書いてあった位置で覚えるタイプだったので、一つテキストを決めてそこに書き込んで勉強していました。

 

 夏休みには各予備校が東大模試を開催していますが、私はまだ準備が十分ではなく、模試を何回も受けるより自分のペースで勉強していた方が効率的だと判断したため、私は一つしか受けませんでした。もちろん過去問をすでに何回もこなしていて時間内に全て解けるレベルの人ならどんどん模試を受けて練習するのがいいと思うのですがまだ模試を受けても時間が余ってしまう、あるいは逆に時間が全然足りないようであれば一度受けるくらいで十分だと思います。東大模試は時間がかかり2日も取られる上に答案が返ってくるのが遅く、忘れてしまっていることもあるからです。ただ、復習はしっかりと行い、模試を受ける間は自分にできる限り答案を埋めるようにしました。

 

 高3の夏でやれてよかったと思うのは規則正しい生活を送れたことと、そのルールの上でうまく気分転換ができたことだと思っています。9時から22時まで自習室にいるようにしていましたが、家と塾が近いこともあって昼ご飯と夜ご飯は家に帰って食べていました。歩くだけでスッキリするし、ご飯もおいしいので気合が入る気がします。全員ができる方法ではないと思いますが、ちょっと散歩したり、いつもと違うものを昼ご飯に買ってみるのもいいと思います。悪かったと思うことは勉強時間が少なかったことです。9時から22時まで自習室にいたといってもぼんやりしてしまうことや、早めに切り上げてしまうこともありましたし、朝の時間や帰ってからももっと勉強すればよかったと思っています。その隙間時間に英単語帳や歴史科目の一問一答をすればもっと安定して点を取れたのではないかと思います。東大に入学した今も単語力がなくてとても困っているので単語はやるに越したことはないと思います。

 

 高3の夏以降には絶対に家に帰ってから3時間以上勉強するようにしました。変わらずに東大の過去問とセンターの過去問を解く生活でしたが、学校に通う分自習時間は減ってしまうので曜日ごとに科目を変えて偏りが出ないようにしていました。帰ってきた模試はしっかり復習しましょう。私は社会科の間違えた単語をノートに書いたり、数学はまず回答の丸写しをしたりしていました。手を動かすことで覚えてくるので解説冊子を読むだけでなく手を動かすようにしましょう。

 

 最後になりますが、やる気の出ない日でも1分でいいので机に向かうようにしましょう。聞いたことある方もいらっしゃるかもしれませんが「寝る前に歯磨きをしないのが気持ち悪いと感じるように勉強しないことが気持ち悪くなるまで勉強する」という言葉を目指して勉強していました。必ず力が付いてくると思います。

(1年・女子)

 

【関連記事】

【現役学生が語る夏休み・夏以降の勉強法①】一つに決めて何度も繰り返して


2017年9月3日20時25分【記事修正】第6段落第1文「高2の夏」を「高3の夏」に修正しました。

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

NEWS 2016年07月21日

理Ⅲ面接は入試3日目に人間的成熟度などを評価 東大が入試に関する記者会見を開催

NEWS 2016年06月07日

理Ⅲ対象アンケート、入試の「面接復活」賛否割れる 有効性に疑問の声も

NEWS 2017年01月24日

全国で雪のセンター試験 東大管轄では試験時間の繰り下げなし

INTERVIEW / FEATURE 2014年04月09日

受験と大学生活は別のゲームであると理解せよ 瀧本哲史さんインタビュー

INTERVIEW / FEATURE 2014年03月13日

「富士山先生」世界遺産登録で大活躍 筑波大学附属高校、田代博先生インタビュー

TOPに戻る