COLUMN 2017年4月21日

東大新入生アンケート2017① 推薦合格者、女子は4割 「エリート意識ある」半数割れ

 東京大学新聞社は、新入生全員を対象に3月29・30日にアンケートを実施した。このアンケートは東大生対象の唯一の全数調査で、毎年入学の諸手続時に実施。受験経験や合格発表の様子、東大の諸制度に対する意識など、内容は多岐にわたる。今回は新入生3120人の94%に当たる2946人から回答を得た。今年の入学生が何を考え東大入学を志し、大学生活にどのような展望を抱いているのか。集計したアンケートの結果を基に分析した。(本文中の割合は小数点第1位を四捨五入した)

 

  • 男女比

 男女比を見ると、女子学生の割合が21%となり、16年度とほぼ同じ水準ではあるものの、3年ぶりに20%を超えた。推薦入試での男女比は男子58%、女子42%。初の推薦入試となった16年度の割合(男子62%、女子38%)よりも女子の比率が高まり、4割を超えた。

 

  • 推薦入試

 前期日程で合格した新入生に対して推薦入試の賛否について聞くと、賛成64%に対し反対は35%で、前回の結果(賛成53%、反対47%)から大きく形勢を変えた。2年目を迎えた推薦入試が、受験生にも受容されつつあるといえる。

 

  • 合格発表

 

 

 今回の前期日程の合格発表では、4年ぶりに本郷キャンパスでの合格者番号掲示が再開された。当日の合否確認の方法について「インターネットで確認せず、掲示を見た」が12%、「インターネットで確認し、掲示も見た」が52%で、掲示を利用した受験生は6割を超えた。

 

  • エリート意識

 「日本の将来を担うエリートだという意識を持っているか」という質問に対して、「持っている」または「少し持っている」と答えた人は合わせて47%。この割合は、15年度から17年度の間で10%程度低下している。

 科類別に見ると、エリート意識を「持っている」と「少し持っている」を合計した割合は、理Ⅲの73%(昨年度は71%)が最高だった。他の科類は、割合が高い順に文Ⅰ(64%)、文Ⅱ(52%)、文Ⅲ(43%)、理Ⅰ(42%)、理Ⅱ(42%)という結果だった。

 

【関連記事】

東大新入生アンケート2017② 支持政党は自民36%、民進4.5% 無支持は43%


この記事は、2017年4月18日号からの転載です。本紙では、他にもオリジナルの記事を掲載しています。

 

 

インタビュー:隈研吾教授(工学系研究科)
ニュース:7541人が新たな門出  学部・大学院で入学式
ニュース:硬式野球開幕戦 投打とも振るわず連敗 明大打線に計19失点
ニュース:総合図書館利用制限 安田講堂4階に代替場所開放
企画:先輩の「学生生活奮闘記」
企画:正しく利用し社会に還元を 来年度から本格実施、給付型奨学金は学生を救うか 
企画:新入生アンケート2017
企画:第三外国語・古典語特集 マイナー言語を学ぶなら今
企画:プロが選ぶ新入生の見るべき映画4選
東大新聞オンラインアクセスランキング:2017年3月
著者に聞く:『東大VS京大 入試文芸頂上決戦』永江朗さん
東大今昔物語:29年前は女子6%
世界というキャンパスで:塘田明日香さん(育・4年)①
キャンパスガール:坂田明日海さん(文Ⅲ・2年)

※新聞の購読については、こちらのページへどうぞ。

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

INTERVIEW / FEATURE 2015年03月07日

女子は試験の日も見ためを綺麗に!東大女子の受験体験談 辻田良枝さんインタビュー

EVENT 2017年08月01日

まさに知的な祭典 好奇心を揺さぶるイベントTEDxUTokyoが安田講堂で開催

COLUMN 2014年04月23日

「傾向と対策」をやめて、「好きのちから」を磨こう。

COLUMN 2016年02月11日

受験生応援! 君が通う街 東京案内 電車編②

NEWS 2014年03月26日

後期日程試験合格発表 待ちに待った東大合格 最低点は上昇

TOPに戻る