EVENT 2016年3月7日

「夢をかなえる集中講義in東京大学」―スタンフォード大学Tina Seelig先生をお迎えして―

 ハーバード大学、マイケル・サンデル教授に引き続き、「白熱教室」海外版の第2弾もつとめ、30万部超のベストセラー『20歳のときに知っておきたかったこと』(原題 What I Wish I knew When I was 20)でアントレプレナーシップやイノベー ションの面白さを世間に知らしめた、スタンフォード大学教授 Tina Seelig(ティナ・シーリグ)氏の来日が決定した。

 

画像はスタンフォード大学ウェブサイトより引用
画像はスタンフォード大学ウェブサイトより引用

 

 

 Tina Seelig氏は、スタンフォード大学医学大学院で神経科学の博士号取得し、現在ではスタンフォード大学工学部教授およびテクノロジー・ベンチャーズ・プログラム(STVP)のエ グゼクティブ・デイレクターを務めている。分野を越えてイノベーションを生み出す力を身につける、スタンフォード大学学科横断型プログラム「D-school(デザインスクールhttp://diamond.jp/articles/-/14138)」ではアントレプレナーシップとイノベーションの講座を担当し、好評を博す。

 

 工学教育での活動が評価され、2009年に工学系で最も人気であるゴードン賞を受賞した氏は、全米の起業家育成コースのなかでトップクラスの評価を得ており、その集大成となる最新刊『スタンフォード大学 夢をかなえる集中講義(原題 InsightOut: Get Ideas Out of Your Head and Into the World)』(CCCメディアハウスより1月28日発売)を近日出版した。来日にあたり、Tina Seelig氏を東京大学に迎えての特別イベントが、東京大学 産学連携本部の主催で実現する。

 (*東京大学 産学連携本部: 産学連携に関する共通基盤の提供と学内外に対する関連活動への積極的支援を展開)

 

【日 時】 3月8日(火) 18:00-20:00

【場 所】 東京大学 ダイワユビキタス学術研究館石橋信夫記念ホール http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_14_04_j.html

【内 容】

第1部:講演会 スタンフォード大学 STVP エグクティブデイレクター Tina Seelig 教授

第2部:参加者とTina Seelig先生との交流セッション

モデレーター 東京大学 産学連携本部 各務 茂夫 教授

【使用言語】 英語

【参加者】 アントレプレナーシップとイノベーションに興味を持つ学生および教員(定員:約100名)

【参加費】 無料 (交通費は自己負担)

【主 催】 *東京大学 産学連携本部

【協力】㈱CCCメディアハウス

【申込み】 https://webform.adm.u-tokyo.ac.jp/Forms/eeworkshop2/ ※会場の都合上、参加希望者が多数の場合は、事前提出の書類で選抜いたします。

【問い合わせ】* 東京大学 産学連携本部 宮脇 守 E-mail:edgeee@ducr.u-tokyo.ac.jp

電話:03-5841-1492

 

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

TOPに戻る