キャンパスライフ

2021年2月10日

【キャンパスのひと】漫才で人を幸せに! 宇都宮悠さん(文Ⅲ・2年)

趣味のサイクリングで行った秋川渓谷にて(写真は宇都宮さん提供)

 

M―1は最高の舞台

 

 「東大生は面白くない」そんなイメージを壊そうとした。「自分たちの漫才で人を幸せにしたい」と、日本一面白い漫才師を決める「M―1グランプリ2020」に出場した。

 

 新型コロナウイルス感染症拡大に伴い外出自粛をしている時に、動画配信サービスで見たお笑い番組を見て、そんな状況でも人を幸せにできる漫才に魅力を感じた。

 

 「審査員の前で漫才を披露した時のことは記憶にありません」。それでもやろうと思っていた漫才はできたと胸を張って言えるほど準備をした。

 

 結果は1次予選敗退。しかし「大事なのは自分たちが面白いと思えるかどうかです」と晴れやかだ。一方で結果も求める。「今から来年の予選に向けて笑いの種を探しています。来年こそは予選突破できるのではないかと思っています」。人を笑顔にしたいという情熱は燃え続ける。

TOPに戻る