報道特集

ニュース

2014年11月27日

東大総長はこうやって選ばれる

27日に決定する次期総長予定者(候補者についての記事はこちら)は、第30代の東大総長となる。初代の加藤弘之総長が1877年に就任して以来の東大の長い歴史の中、10年前の2004年、国立大学が法人化したことで総長選のやり方が変わった。法人化後の初となった10年前の総長選、そして現職の濱田純一総長が選ばれた6年前の総長選を振り返り、総長選について制度の面から改めて考える。 今回の総長選では、代議員会
1 8 9 10 11 12 13
hidari_handle

タグから記事を検索


東京大学新聞社からのお知らせ


recruit




TOPに戻る