ニュース

2020年4月25日

東大、授業料減免の支援を表明 家計が急変した学生が対象

 東大は4月23日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で家計が急変した世帯の学生に対し、授業料減免の支援を実施することを発表した。家計急変後の所得見込みを基に審査を行い、対象学生を決定する。東大は家計が急変した学生のうち、教養学部・総合文化研究科・数理科学研究科の学生は教養学部等学生支援課奨学資金チームへ、その他の学生は教育・学生支援部奨学厚生課奨学チームへ連絡するように呼び掛けている。

 

 4月22日には東大生も参加する高等教育無償化プロジェクト(通称FREE)が記者会見を開いた。同団体が9日からインターネット上で実施した調査には、119の大学、短期大学、専門学校の学生計514人が回答(21日午後10時現在)。約4割がCOVID-19の影響で「家族の収入が減った」「なくなった」と答えた他、全体の7.8%が退学を検討しているとした。FREEは同日、大学や専門学校などの授業料を国の責任で一律半額免除とすることなどを求める緊急提言を発表した。

 

【関連リンク】

・東大ウェブサイト内「新型コロナウイルス感染症の影響により家計が急変した世帯の学生の皆さんへ 」

・FREEウェブサイト内「新型コロナウイルス感染症の影響から大学・専門学校生を守るための緊急提言」

タグから記事を検索


東京大学新聞社からのお知らせ


recruit




TOPに戻る