ニュース

2020年8月30日

「グローバル・コモンズ」保全に向け新センター

 東大は8月6日、気候や生物多様性など、人類の共有財産である「グローバル・コモンズ」の国際的な保全を目的としたグローバル・コモンズ・センターを8月1日に新設したと発表した。グローバル・コモンズ・センターは未来社会の課題解決に取り組む未来ビジョン研究センター内に設置された。

 

 グローバル・コモンズの保全は持続可能で豊かな未来のために必須だが、国際的連携によってこれを保全する試みは中心的な課題とされていなかった。センターは22年度までに、持続可能な人類社会への転換シナリオ、各国のグローバル・コモンズ保全への貢献を比較・評価できる指標の作成、社会・経済システム転換の具体的道筋の研究と実践などに取り組む。


この記事は2020年8月25日号から転載したものです。本紙では他にもオリジナルの記事を掲載しています。

ニュース:19年度就職状況 学部生 三井住友銀行が2年連続最多 コンサルは順位変動続く
ニュース:2021年度東大入試 前期日程で追試実施 推薦型は実績証明に配慮
ニュース:最高位の格付け取得 大学債発行へ準備着々
ニュース:「グローバル・コモンズ」 保全に向け新センター
ニュース:五月祭はオンラインで 9月20、21日開催
企画:2019年度 学部・大学院 就職先一覧第2弾
キャンパスのひと:渡邊玲央さん(文Ⅲ・2年)

※新聞の購読については、こちらのページへどうぞ。

タグから記事を検索


東京大学新聞社からのお知らせ


recruit




TOPに戻る