LATEST NEWS 2020年5月28日

駒場Ⅰキャンパス 仮設体育館解体へ 新体育館は竣工済み

 東大教養学部は1日、駒場Ⅰキャンパスの正門横にある仮設体育館の解体工事を12日から開始すると発表した。18日には東大の施設部計画課への取材により、新体育館が4月30日に竣工していたことが確認された。

 

 仮設体育館は、老朽化した第2体育館などを解体し新体育館を建設する「駒場コモンズ計画」の一環で、新体育館が竣工するまで第2体育館の機能を代替するために建てられた。解体期間は12日〜7月31日で、アドミニストレーション棟と仮設体育館の間の通路は通行不可となる。

 

 新体育館は当初2018年12月に起工し、19年12月に竣工予定だった。しかし地盤改良工事の掘削時にコンクリートなどの地中埋設物が発見され、産業廃棄物として処理が必要となったため工事に遅れが生じたという。仮設体育館の解体は20年4月中に終わる予定だったが、新体育館の竣工が遅れた影響で起工が後ろ倒しになった上、現状復旧に時間を要することから工事期間が長期化した。

 

 一連の工事は公共工事とみなされたことから、新型コロナウイルス感染症の流行に伴う緊急事態宣言発令中も事業の継続が求められるとされていた。工事受注者からの申し出があれば中止することになっていたが、申し出がなかったため工事を継続したという。


この記事は2020年5月26日号から転載したものです。本紙では他にもオリジナルの記事を掲載しています。

ニュース:新型コロナ感染拡大下の進学選択(上) ガイダンス、理では参加者大幅増
ニュース:新型コロナ ネコの間で容易に感染 明確な症状は出ず
ニュース:生協実施アンケート 学部生の半数が経済面に不安
ニュース:産学協創 日本ペイントHDと持続可能な社会の実現へ
ニュース:仮設体育館解体へ 駒場Ⅰ 新体育館は竣工済み
企画:「教養」、身に付いてますか? 駒場のリベラルアーツを考える
企画:各学部4年生に聞く 学生生活紹介 
企画:言語学習のモチベーション 新たに外国語を学ぶ人たちへ
研究室散歩:@歴史学 大塚修准教授(東京大学大学院総合文化研究科)
漫画×論評:『性別「モナリザ」の君へ。』吉村旋
キャンパスのひと:河野麗さん(工・4年)

※新型コロナウイルス感染拡大防止対策のため、STORES.jpのオンラインストアを休止しております。申し訳ございません。
定期購読の方には登録されたご住所に届けられますが、物流の混乱で遅れが発生する場合がございます。
あらかじめご了承ください。

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

COLUMN 2018年04月07日

お悩み解決 東大卒の恋愛専門家から恋に煩う東大生へ 赤門恋愛相談室

COLUMN 2020年06月11日

「教養」、身に付いてますか? 駒場のリベラルアーツを考える

COLUMN 2017年03月01日

【東大受験生応援連載】第二外国語を決めよう!履修者から見たイタリア語の姿

NEWS 2020年08月01日

教養学部で試験トラブル 該当する学生は再受験に

INTERVIEW / FEATURE 2018年08月21日

【東大2019②】もっちゃん×水上颯 現役東大生のぶっちゃけウラ話

TOPに戻る