ニュース

2020年6月4日

ハイパーカミオカンデ 実験開始目指し覚書締結

 東大は5月25日、高エネルギー加速器研究機構(KEK)との覚書を5月中に締結していたことをウェブサイトで発表した。ハイパーカミオカンデ計画構想の本格着手に併せ、KEKとの連携強化が期待される。

 

 ハイパーカミオカンデ計画はスーパーカミオカンデの8.4倍の容積を持つ水槽などを備えた次世代の実験装置としてハイパーカミオカンデを建設し、素粒子の一種であるニュートリノの観測実施などを目指す国際協力科学事業。日本をホスト国とし、今年2月には補正予算の成立を経て計画が正式に開始された。

 

 東大とKEKはこれまで、ハイパーカミオカンデ計画構想の具体化を目指す機関の間の覚書を下に協力体制を敷いてきた。今回締結された覚書では従来の協力体制を強化するため、合同でハイパーカミオカンデ計画推進室を設置。加えて東大とKEKが設備の建設、整備を行い、運用に責任を持つと約束された。東大は岐阜県飛騨市にハイパーカミオカンデ検出器を建設する。計画は2027年の実験開始を目指しており、宇宙の物質の起源や究極の物理法則などの謎に迫るとしている。


この記事は2020年6月2日号から転載したものです。本紙では他にもオリジナルの記事を掲載しています。

ニュース:新型コロナ感染拡大下の進学選択(下) 「情報量格差埋める働き掛けを」
ニュース:東大基金 家計急変学生ら支援への募金を呼び掛け
ニュース:政府主導給付金、5月末に受け付け開始
ニュース:総長選考、日程を変更 就任予定者決定は変わらず
ニュース:東大IPC ベンチャー企業支援の新ファンドを設立
ニュース:夏の大学院入試 新型コロナ対応分かれる研究科 工・情報理工は試験オンライン化
ニュース:ハイパーカミオカンデ 実験開始目指し覚書締結
ニュース:理・物理学専攻 大手化学メーカーと包括連携 給付型研究奨学金も創設
ニュース:アビガンの基本骨格 従来より高効率に合成
企画:障壁多く見送りも導入可能性残す 濱田前総長時代の東大秋入学構想を振り返る
企画:心身の負荷を発散する工夫を 新型コロナウイルスと心身の健康
企画:外国語学習で人生豊かに
はじめての論文:入江直樹准教授(東京大学大学院理学系研究科生物科学専攻)
キャンパスのひと:早川健太さん(理Ⅰ・2年)

 

※新型コロナウイルス感染拡大防止対策のため、STORES.jpのオンラインストアを休止しております。申し訳ございません。
定期購読の方には登録されたご住所に届けられますが、物流の混乱で遅れが発生する場合がございます。
あらかじめご了承ください。

TOPに戻る