スポーツ

2022年5月21日

【東大ラグビー】早稲田大戦 強豪相手に大差で敗北

早大の猛攻を防ぐ鈴木と桑田(撮影・黒田光太郎)

 

 ラグビー部は5月14日、早稲田大学と定期戦を行い、7─53で敗れた。早大の素早いパス回しに翻弄され、前半は大差を付けられた。しかし、後半に1トライを決め、強豪相手に一矢報いた。(取材・黒田光太郎

 

東大  |0 7|7

早稲田 |34 19|53

 

 試合開始早々、早大の素早いパス回しに翻弄され、先制トライを許す。一方の東大は思うようにボールを運べず、前半0─34と大差をつけられ前半を折り返した。それでも後半、東大は立て直し、地道にゴールライン手前までボールを運んでいく。しかし、早大の対応力に阻まれ、トライは奪えない。その後も何度かチャンスをつくるも得点まで至らず。このまま終わってしまうかと思われたが、東大が意地を見せる。ゴールライン手前までボールを着実に運ぶと、スクラムハーフ・鈴木陸人(工・3年)が最後にトライをねじ込んだ。コンバージョンキックも決め、7点を奪取。しかし、後半でも早大に3トライを奪われ、試合終了となった。

 

トライを決めた鈴木(撮影・黒田光太郎)

 

 強豪相手に力の差を見せつけられる試合だったが、スクラムでは引けを取らなかった。ミスを減らして、強みのフィジカルを生かせば、勝利も見えてくるだろう。

 

【関連記事】

東大ラグビー部広報責任者が語る、100周年記念ビデオに込めた思い 〜過去の100年から次の100年へ〜

hidari_handle

タグから記事を検索


東京大学新聞社からのお知らせ


recruit




TOPに戻る