LATEST NEWS 2020年4月6日

学生自治会 駒場東大前駅の安全確保要望へ

 教養学部学生自治会は9日、駒場東大前駅の安全性確保に向けた要望書を、教養学部を通じて京王電鉄に提出したとツイッター上で発表した。しかし自治会は東京大学新聞社の取材に、13日現在は京王電鉄に要望書を渡せていないと回答。当初は教養学部経由での提出を想定しており、1月31日には学生支援課に要望書を渡したが、13日現在は教養学部内で提出方法を検討しており、自治会は早期の提出を求めているという。

 

 要望書では、4、5限直後などの時間帯に駒場東大前駅のホームが混雑し、転落の危険があると指摘。転落防止柵の設置と急行の停車を求め、駅の混雑に対する京王電鉄の見解を聞く。

 

 自治会によると、18年には既に自治委員が駒場東大前駅の危険性を指摘。19年春ごろ以降、駒場キャンパス周辺の住民らと連携する中で、駅の危険性に対する認識を深め要望に至った。今後は目黒区への働き掛けも検討するとしている。


この記事は2020年3月24日号から転載したものです。本紙では他にもオリジナルの記事を掲載しています。

ニュース:新型コロナ影響各所で 入学式中止に
ニュース:感染阻止へ薬剤候補同定
ニュース:21年度推薦入試 1校当たりの推薦可能人数を拡大
ニュース:学生自治会 駒場東大前駅の安全確保要望へ
ニュース:19年度卓越研究員 公募型で8人を選出
ニュース:19年度総長賞 ピアニスト・角野さんと経・河野さんが大賞に
ニュース:東大発の2論文が米誌『PNAS』掲載
ニュース:将棋 東大生プロ棋士16年ぶり誕生
企画:退職教員最後のメッセージ(前編) 石川正俊教授(情報理工学系研究科)、月本雅幸教授(人文社会系研究科)、中里実教授(法学政治学研究科)
企画:桜とは一味違う伝統に触れて 社会文化史から再考する梅の魅力 
世界というキャンパスで:分部麻里(文・4年)⑨
ひとこまの世界:松濤美術館
キャンパスのひと:久保田成歩さん(養・3年)

※新聞の購読については、こちらのページへどうぞ。

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

EVENT 2016年05月25日

「予定調和を崩す、勇気はあるか?」 現役東大生300人と卒業生120人が集う交流会

COLUMN 2020年06月10日

【各学部4年生に聞く 学生生活紹介】⑥理Ⅰ→薬学部、理Ⅲ→医学部

NEWS 2020年05月23日

偶然の出会い、自宅からでも 学生発・オンライン交流の場が続々

COLUMN 2017年03月05日

【東大受験生応援連載】第二外国語を決めよう!履修者から見た韓国朝鮮語の姿

COLUMN 2020年06月16日

障壁多く見送りも導入可能性残す 濱田前総長時代の東大秋入学構想を振り返る

TOPに戻る