ニュース

2021年10月14日

【競泳】医・大川和真がインカレに出場 自己ベスト更新

 第97回日本学生選手権水泳競技大会(インカレ)1日目が10月7日に東京辰巳国際水泳場で開催され、競泳男子・50m自由形に大川和真(医・3年)が出場した。23秒41を記録し、予選49人中31位タイ。決勝進出はかなわなかったが、自身初のインカレの舞台を自己ベストで飾った。大川は昨年度も同じ種目でインカレへの出場権を獲得していたが、新型コロナウイルス感染症拡大の影響で大会側が競技参加人数を制限したため、出場できなかった。

 

インカレ当日、競技前の大川(写真は大川さん提供)

 

 競技を終えて、大川は「昨年は人数制限で出場すらかなわなかったので、今年は人数制限の中出場が決まっただけでも嬉しかった。しかし実際に出場してみると、オリンピック選手をはじめ、とても速い選手がたくさんいて刺激を受け、自分ももっと速くなりたいと強く思った」と感想を語った。来年度のインカレについても「決勝進出を目標にこれから頑張ろうと思います」と意欲を見せた。

 

 大川は水泳部競泳陣と医学部鉄門水泳部に所属しており、今年度のインカレに出場した唯一の東大生。本年度8月13日に、関東学生選手権の男子(3部)50m自由形において大会新記録で優勝するなど、躍動を見せている。

 

水泳部競泳陣特集後編:大川和真(医・3年) 水泳一色!没頭する「天才」の快挙

koushi-thumb-300xauto-242

タグから記事を検索


東京大学新聞社からのお知らせ


recruit




TOPに戻る