SPORTS 2015年10月14日

東大アメフト 開幕3連勝逃す 中盤の失点響く

 

アメリカンフットボール部(関東学生1部リーグ)は10月3日、秋季リーグ第3節を立教大学とアミノバイタルフィールドで戦い、13―23で敗れた。東大は中盤の失点でリードされ、第4クオーター(Q)にタッチダウン(TD)を決めて追い上げるも及ばず、開幕2連勝同士の試合を落とした。

 

アメフト写真

3点リードされた第2Q、団栗選手がTDを決め逆転に成功する(写真・矢野祐佳)

東大|0607|13

立大|3776|23

 

東大は立大の最初の攻撃でフィールドゴール(FG)により先制される。しかし続く東大の最初の攻撃、ランで前進すると団栗和希選手(育・4年)がパスを受けてTDを決め、逆転に成功。追加点を奪いたい場面だが攻撃が淡泊になり苦戦し、流れは立大に。立大の好リターンで自陣42ヤードからの守備になると、再逆転のTDを許す。

 

後半最初の攻撃でも立大の守りを崩せない。すると立大にランとパスで攻め込まれ、再びTDを決められる。その後も追加点を許し、立大のリードは17点に。後がない東大はパスとランで前進すると、関野良樹選手(農・3年)がTDを決め追い上げる。

 

しかし東大の反撃もここまで。インターセプトを許すなど拙攻が響き、今季初黒星を喫した。

(文・関根隆朗)

 

この記事は、2015年10月13日号からの転載です。本紙では、他にもオリジナルの記事を掲載しています。

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

SPORTS 2016年09月08日

【部員が見る軟式野球①】秋季リーグ開幕戦は立教と引き分け 九回に追いつく

SPORTS 2014年05月12日

アメフト京大戦 今年も白星ならず

SPORTS 2017年04月28日

【部員が見る軟式野球④】東大が接戦の末、明大に勝利 リーグ2位に上昇

INTERVIEW / FEATURE 2016年06月01日

アメフト部、52年ぶり京大戦2連勝の要因とは 竹之下監督インタビュー

SPORTS 2016年06月13日

アメフト 中大に残り39秒で逆転し6年ぶり勝利 竹之下監督「守備の活躍に尽きる」

TOPに戻る