SPORTS 2016年6月20日

東大から33年ぶりの大学日本代表 硬式野球部・宮台投手「チームの戦力に」

 全日本大学野球連盟は6月19日、7月12~17日に行われる第40回日米大学野球選手権大会の代表選手24人を発表し、東大から宮台康平投手(法・3年)が選ばれた。背番号は16。東大の選手の選出は『NHKニュースウォッチ9』元キャスターの大越健介さん以来33年ぶりとなった。宮台投手は「チームの戦力になれるように全力を尽くす」と意気込んだ。

 

 宮台投手は東京六大学野球の2016年春季リーグで、主に1回戦の先発として6試合に登板。初戦の早稲田大学戦で東大新記録となる13奪三振をマークすると、立教大学戦で東大の投手としては05年以来の完封勝利を挙げた。4完投で2勝を挙げ、リーグ4位の防御率2.05、同5位の39奪三振を記録するなどの活躍が光り、一塁手の田口耕蔵選手(育・3年)と共に代表候補に選ばれて6月17~19日の選考合宿に参加していた。

 

開幕戦となった4月9日の早大戦1回戦では13三振を奪う好投を見せた宮台投手
六大学野球の開幕戦となった早大戦1回戦で13三振を奪う好投を見せた宮台投手

 

 選考合宿では、初日となった17日の紅白戦に先発として出場。二回に連打でピンチを招いて暴投で1失点を喫したものの、自己最速の148キロをマークし空振り三振も奪うなどアピールした。2回を投げて3安打1失点ながら実力が認められ、19日の代表選手発表会見で24人に選ばれたことが発表された。横井人輝代表監督は宮台投手を先発起用する予定だという。

 

●宮台投手のコメント

――日本代表に選ばれた感想は

 選んでいただいて大変光栄です。

――合宿に参加した感想は

 野球のレベルの高さを実感しました。普段の練習ではなかなか味わえない雰囲気の中での生活は僕にとって貴重な経験になりました。

――合宿ではどのようなアピールができたか

 何がアピールになったかは分かりません。僕は自分のできることを精一杯やっただけです。

――日米大学野球選手権大会への意気込み・抱負を

 チームの戦力になれるように全力を尽くします。

 

【関連記事】

大学日本代表候補へ推薦 硬式野球部・宮台投手「選ばれるようアピールする」(2016年5月31日掲載)

硬式野球部 宮台・田口選手が大学日本代表の候補入り(2016年6月9日掲載)

 

【硬式野球部2016年春季リーグ】

→ 硬式野球部 宮台投手が毎回の13奪三振もサヨナラ負け

→ 硬式野球部、9安打放つも11残塁 8失点で2試合連続の完封負け

→ 硬式野球部 宮台投手の好投実らず、またもサヨナラ負け

→ 硬式野球部 山田選手のサヨナラ打で今季初勝利

→ 硬式野球部 山田選手が本塁打放つも、投壊で勝ち点ならず

→ 硬式野球部 宮台投手が打ち込まれ慶大に1-6で敗北

→ 硬式野球部 今季最多の4得点も、3本塁打浴び9失点で慶大に連敗

→ 【詳報】硬式野球部、08年秋以来のシーズン2勝目 宮台選手が投打で活躍

→ 硬式野球部、立大に投打で完敗 勝ち点は明日の試合で

→ 硬式野球部 2本塁打浴び8失点、勝ち点逃す

→ 硬式野球部、法大に3季連続勝利 完投の宮台投手「明日勝って勝ち点取る」

→ 硬式野球部、法大に10失点で大敗し最下位確定 勝ち点の行方は明日最終戦に

→ 硬式野球部 今季最終戦に敗れ、勝ち点は来季以降に持ち越し

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

SPORTS 2017年04月30日

硬式野球、投打で力の差顕著 2桁失点&散発2安打で完封負け

SPORTS 2017年05月06日

【部員が見る軟式野球⑦】東大が延長の末、早大に痛いサヨナラ負け

SPORTS 2016年11月05日

陸上・近藤選手、箱根駅伝の学生連合入り 出走濃厚に

SPORTS 2016年12月05日

アメフト、今季最多の52得点で快勝 全勝で17日の昇格戦へ

SPORTS 2016年05月09日

硬式野球部 2本塁打浴び8失点、勝ち点逃す

TOPに戻る