COLUMN 2019年10月11日

キャンパスガイ 逆井遥暉(さかさい・はるき)さん(文Ⅰ・1年)

 

 

東奔西走の名探偵

 六つのサークルに所属する行動派。休む暇が無さそうだが「忙しい時期が違うのでなんとか掛け持ちできています」。これからは駒場祭委員会の仕事が忙しくなるのだとか。この好奇心の強さは、どうやら持ち前のもの。高校生の時も、六つの部活で活動していた。

 

 当時力を入れていたのは、クイズ研究会や物理実験部、弁論部など。経済に関するクイズ大会「エコノミクス甲子園」では全国大会に出場したほか、弁論大会において県4位の成績を収めるなどした。当時の多忙ぶりを「受験期の方が睡眠時間は多かったです」と振り返る。

 

 卒業後の進路は法曹を考えているが「名探偵を目指しています」と衝撃の一言。なんでも、さまざまな知識を駆使して当意即妙に答えられる姿に憧れているのだという。あなたの行動力と博識さは、すでに名探偵級ですけどね。

(取材・撮影【礼】)


この記事は2019年10月1日号から転載したものです。本紙では他にもオリジナルの記事を公開しています。

インタビュー:10年耐える良質な言説を 内田樹に聞くメディアの未来像
ニュース:制球難で大量失点 硬式野球慶大戦 打線も振るわず
ニュース:新たなスピン流 生成機構を発見
企画:編集長あいさつ 包摂的な社会へ
企画:年表形式で振り返る 東大 新聞4000号の軌跡
企画:ゼロから始めるアプリ作り 小社主催ハッカソン アイデアソン開催
企画:東大生協本郷書籍部 売上ランキング(2018年8月〜19年7月)
企画:激戦地から象徴へ 安田講堂が歩んだ50年
キャンパスガイ:逆井遥暉さん(文Ⅰ・1年)

※新聞の購読については、こちらのページへどうぞ。

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

COLUMN 2018年07月05日

新入生の47%が「不快な思い」 東大生に聞いた新歓活動の裏側

SPORTS 2017年04月08日

硬式野球 宮台投手、制球難で5回途中5失点 打線も4安打2得点止まり

EVENT 2018年11月26日

将来について考えられていない全ての東大生へ 卒業生と次の一歩を考える交流会開催

COLUMN 2019年01月07日

【駒場のアツいゼミ特集②】「ココロのトリセツ」ゼミ 交流重視の授業通じて心との向き合い方学ぶ

NEWS 2016年09月14日

薬・法・理物など定員割れ 進学選択第2段階

TOPに戻る