LATEST NEWS 2018年3月10日

18年度前期日程試験3014人が合格 理科で最低点大幅低下、文科は昨年度並み

 2018年度入学試験(前期日程・外国学校卒業学生特別選考)の合格者が10日正午ごろ、東大のウェブサイトで発表され、前期日程で3014人、外国学校卒業学生特別選考で40人が合格した。同日午後0時45分ごろには本郷キャンパス法文1号館と法文2号館の間で合格者番号が掲示された。

 

番号を見つけて抱き合う受験生ら(撮影・石沢成美)

 

 

 正午過ぎ掲示を見に来た受験生らの列は正門から法学部4号館まで達していた。受験生は番号を見て歓声を上げた。復活が期待された東大構内での胴上げは本年度も禁止された。禁止理由を東大の担当者は本日の記者会見で「学生および来られる方々の安全を優先するため」と述べた。

 

 

 昨年度文Ⅱ・Ⅲ以外で上がった合格者最低点は、理科の全科類で昨年度を15点以上下回るなど大幅な下落が見られた。文科は高い順に文Ⅰで355.0点(550点満点、以下同様)、文Ⅱで350.6点、文Ⅲで343.6点で、昨年度とほぼ変わらなかった。理科は高い順に理Ⅲで392.3点、理Ⅰで319.2点、理Ⅱで311.0点だった。4年連続で理Ⅰが理Ⅱより高かった。

 

 全科類での合格者最高点は理Ⅲの489.3点で、昨年度より7.2点上昇。全科類での合格者最低点は理Ⅱの311.0点で、昨年度比24.4点減と大幅に下落した。文Ⅰ・Ⅱ以外の科類で昨年度を下回った。

 

 合格者平均点は文科では高い順に文Ⅰで381.1点、文Ⅱで373.0点、文Ⅲで364.0点。理科では高い順に理Ⅲで418.4点、理Ⅰで351.8点、理Ⅱで336.2点。全科類で昨年度を下回った。

 

 

 本年度復活した理Ⅲ志望者を対象とする面接の有効性について、東大は会見で「医療者としての適性を持つ学生を獲得できたと考えているが、効果については追跡調査をする必要がある」と回答した。面接の内容を理由とする不合格者の有無は「回答できない」とした。


この記事は、2018年3月10日号からの転載です。本紙では、他にもオリジナル記事を掲載しています。

 

 

インタビュー:モノがなくても生きていける 小池龍之介さん(月読寺住職)
ニュース:前期日程試験3014人が合格 理科で最低点大幅減 文科は昨年度並み
ニュース:QS世界大学ランキング 3学問分野で8位 企業からの評価高く
ニュース:駒場コモンズ 第2体育館南で埋蔵文化財調査
企画:教員が振り返る東大生活
企画:初修外国語紹介 七つの言語の魅力と特徴 教員と学生、TLP受講生に聞く
企画:2018年度東大入試 合格者受験番号
東大今昔物語:1967年3月21日発行号より 自ら考え「問い」を探せ
キャンパスガール:相村里和さん(文Ⅲ・1年)

※新聞の購読については、こちらのページへどうぞ。

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

INTERVIEW / FEATURE 2015年02月05日

東大合格体験記②

NEWS 2016年10月30日

若手研究者を支援する「卓越研究員」制度を開始 選出20人を公表

NEWS 2016年12月08日

本郷―柏キャンパス間で無料シャトルバスの試行運行を開始

NEWS 2017年11月23日

18年度東大推薦入試 出願者は微増の179人 45都道府県から出願者あり

COLUMN 2015年01月25日

東大入学後のイベント紹介:ほとんどの東大生が参加する「オリ合宿」とは?

TOPに戻る